焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

[徳島県]フィッシュカツ食べ歩きの旅[前編]

a0243720_21232060.jpg
徳島県のソウルフード「フィッシュカツ」
を食べ歩きに出かけた日記です

焼きまんじゅうもなければ、群馬県の成分は
ひとつも出てきませんが、
もしご興味があればご覧くださいませ

例によって例のごとく写真だらけです






a0243720_21245279.jpg
2017年10月のある日の事・・・

ふと立ち寄った、秋葉原のご当地土産ショップ内の
「ええもんあるでぇ徳島」※現在は閉店しました

徳島県のソウルフード フィッシュカツ?
なんだろうこれ・・・


a0243720_21245451.jpg
3枚入りを購入、早速かじりついてみる

カレー味の薄いかまぼこをフライにした感じ!?
ん?なんだろうこの懐かしい味わい。
初めて食べたのに、なんだかハマっちゃいそう!

a0243720_21260594.jpg
ネット検索してみると、有楽町に
徳島県と香川県の合同アンテナショップがあると知る。
訪れてみると、秋葉原と同じ「かつ天」と・・・


a0243720_21250821.jpg
ひとくちサイズのフィッシュカツが売っていた。
どんな味なのかな?

a0243720_21251434.jpg
おぉっ!食べやすい!かつ天に比べると
カレーの香りは弱いかもしれないけど
これはこれで食べやすい印象。

おもしろいな、フィッシュカツ


a0243720_21252451.jpg
都内で2軒のみ、徳島県アンテナショップが併設
しているナチュラルローソンに行ってみる。


a0243720_21253510.jpg
おぉっ!また見たことないフィッシュカツ発見!
こだわりフィッシュカツと書いてある。


a0243720_21351606.jpg
なるほど、素材のほとんどが徳島県なのか。
お味のほうはとてもナチュラルというか、
優しい味わい、そして厚切りなので
食べ応えがある!

フィッシュカツ、奥が深いな。


a0243720_21255861.jpg
もう一軒のナチュラルローソンでは
先ほどと同じメーカーのじゃこ天を買ってみた。
じゃこが香ばしくてプリプリしたかまぼこ本体が
めっちゃくちゃ旨い!!

う~~ん、徳島のかまぼこ本当に旨いな。

a0243720_21251722.jpg
近所のスーパーで全国うまいもの市がやっていた
ところ、徳島県からは「つくしのフィッシュカツ」を発見。

ネットで調べてみると、このつくしというお店が
一番有名なんだそうな。

早速購入して食べてみると、かつ天と近いような
しっかりカレー味が利いたスパイシーな味。
しかし、かつ天よりは厚みがやや薄く、食感も
少し違う印象だ。

a0243720_21471894.jpg
浅草の「まるごとにっぽん」に来てみた。
ここには「笹田蒲鉾」というお店の支店が入っているようだ。

まず厚みがぜんぜん違う、かなり薄いが
そのぶん柔らかくて、こちらはカレー味も
控えめでどちらかと言えば子供も楽しめそうな
甘い味付けの印象。

笹田蒲鉾の店員さんと少しおしゃべりしてみると、
どうやら徳島県内のスーパーには必ずと
言っていいほどフィッシュカツが売っていて
一部のかまぼこ店では揚げたてを食べることも
できるんだそうな。

「揚げたてが食べられる!!!」

そういえば、今まで食べてきたのは全部冷蔵した
ものをそのまま食べていたのを思い出す。

これはもう、実際に徳島県に行ってみるしかない。



a0243720_21535947.jpg
というわけで2019年1月半ば

東京⇔徳島2泊3日で19800円
という激安パック旅行を発見したので
ネット注文して徳島県へ。

ANAで往復、宿泊代1万円ほどのホテル2泊(朝食)
で破格のお値段に脱帽です。

出発するまでの数日間のあいだに、
有楽町のアンテナショップでパンフレット類を
漁ってみるも、フィッシュカツの詳しいお店情報
などが載っているものはなく、
徳島県内の観光案内所に直接電話してみても
やはりそういった情報が記載されたものは
特に用意されてはいないのだそうな。

こうなると、自分でお店情報を集めるしかない。

a0243720_21533314.jpg
たった1時間のフライトで、徳島阿波おどり空港に到着

今回の旅も、過去の福岡遠征や長野遠征と
同じくなるべく自分の足で旅したいので
基本的にはカメラと着替え一式詰まった6kg前後の
大型リュックを担いだままランニングします。


a0243720_22012026.jpg
ネット検索してみたところ、
徳島県のかまぼこ店はおよそ15軒前後見つかる。
ほとんどのお店が徳島西部の沿岸に位置しており、
内陸部にはかまぼこ店は見つからない(山だから当たり前か)

ひとつひとつ、営業時間と住所と定休日をリストアップ
して、3日間にわけて訪問することにします。


a0243720_22072408.jpg
初日は午後3時頃に徳島空港に到着。
リムジンバスで徳島駅まで40分前後。

かまぼこ店の営業時間は朝が早くて
夕方には閉まってしまうことが多く、
本当はジョギングしながら空港から市内14kmを
目指したかったが、バスで短縮せざるを得ない。


a0243720_22072622.jpg
徳島駅前の観光案内所で軽く聞き込みしてみると、

フィッシュカツといえば
「津久司」 「谷ちくわ商店」の2大メーカー
が最も親しまれている

徳島のスーパーマーケット「キョーエイ」や
香川県系の「マルナカ」は品揃えが豊富とのこと。



a0243720_22073096.jpg
1軒目「西かまぼこ店」

ひら天と呼ばれるスタンダードな練り物のてんぷらが
有名なお店です。きっとここにもフィッシュカツ
があるに違いない。

a0243720_22074068.jpg
あった!!
ちなみに揚げたてを作ってもらえないか
店員さんに聞いてみたが、毎日作っているわけでは
ないそうで、次は2日後の早朝に来てくれれば
「ぬくい(温かい)」のを販売できますよ、との事。


a0243720_22073862.jpg
a0243720_22074205.jpg
名物のひら天をゲットっ!!
こちらは毎日飛ぶように売れるためか、
閉店1時間前という時間帯でも
アツアツを提供していただきました。

a0243720_22074482.jpg
プルプルしていながら、
じんわりジューシーな旨さっ!!
ちくわの甘さをもっと前面に出した
ような、練り物の美味しさ超凝縮!!

噛まなくても食べられちゃう、もはや飲み物!?

なるほど、こりゃ練り物の概念が変わるな・・・
おそるべし、西かまぼこのひら天。

とりあえず一食目がアツアツのフィッシュカツ
ではなかったのは悔やまれるが、
それを吹き飛ばすひら天のおいしさでした。


a0243720_22345109.jpg
かまぼこ店はだいたい午後5時でしまってしまう
事がわかっていたので、このあとは
市内のスーパーをあちこち回りながら、
お夕飯を求めて走り続けます。

まずは「マルナカ」


a0243720_22345305.jpg
津久司と谷ちくわ商店の2品が並んでいる。
やはり前情報通り、この2メーカーははずせない
味わいなんだろうな。


a0243720_22345773.jpg
お次は「スカイマート」

a0243720_22345935.jpg
「笹田蒲鉾」のフィッシュカツ発見。
東京の支店では5枚入りしか見たことなかったが、
こっちでは少数パックもあるんだ~。
100円2枚入りはお買い得!!


a0243720_22351026.jpg
続いて「がんばりや」

a0243720_22352058.jpg
ほんとにどこのスーパーも
お魚練り物のコーナーの品揃えが
ハンパないぜ!!

a0243720_22352440.jpg
○産蒲鉾 牧商店という、
これは東京では見た事ない製造元だ!


a0243720_23060000.jpg
「杉山蒲鉾」
かまぼこ店としては珍しく夜まで営業している

a0243720_23060524.jpg
a0243720_23061182.jpg
いろんなのが並んでますな

a0243720_23061343.jpg
おそらく人気商品であろう3品は
すぐ提供できるプレートに乗ってます

a0243720_23061597.jpg
フィッシュカツは揚げたてが食べられる
時間帯はあるのかどうか伺ってみたところ、
ここは販売所で、工場は別のところにあるので
揚げたては提供できないとのことでした。

なるほど、そういうパターンもあるのだな

走り続けてたら、お腹空いてきたな・・・
そろそろお夕飯にしようか。


a0243720_22352907.jpg
やってきました「中華そば やまきょう」

そうです、徳島県といえば徳島ラーメンが
なんたって有名なご当地グルメのひとつです。

a0243720_22353130.jpg
何注文したらいいか分からないが、
直前に入った常連さんらしき2人組が
肉玉子入りとライスを注文していたので、
わたしもそれに乗ってみる。

a0243720_22353469.jpg
コーヒー無料サービスはうれしい

a0243720_22355250.jpg
やまきょう 肉玉子入り小+ライス小 900円

a0243720_22355884.jpg
今まで袋ラーメンの徳島ラーメンは
食べたことあるけど、本物はやっぱ違う!!

a0243720_22360097.jpg
豚骨ベースに、甘辛い味付けの
しょうゆラーメンといった感じですね。
まるですき焼きのタレが溶け込んでいる
かのような、心地よい甘じょっぱさ。

どう考えても、ライスつけないといけないやつだぜ!

a0243720_22390439.jpg
麺は細めんストレート
甘じょっぱいスープをしっかりまとっていて、
これはラーメンライスも進んじゃうでしょう

a0243720_22391538.jpg
そしてメインともいえる、豚ばら肉炒めを
オンザライスしちゃうしかあるまい

a0243720_22391705.jpg
うんまぁっ!!!!

a0243720_22392093.jpg
肉と麺とおねぎなユニットでも
ライスはやっぱりガツガツすすんじゃう

a0243720_22394112.jpg
黄身を溶かし込んでみると、
これまたマイルドなスープになるし
なんたって卵自体が濃厚だ。

たまりませんわ、やまきょうの徳島ラーメン。

a0243720_22394320.jpg
5分少々で完食!!ごちそうさまでした。


a0243720_22552641.jpg
平日11時~14時はごはんおかわり無料だと!?
この濃い目な味付けのスープ、肉なら何杯でも
ごはんがイケちゃうじゃないの・・・おそるべしコスパ。


a0243720_23071303.jpg
「キョーエイ中央店」
深夜2時まで営業しているのがありがたい


a0243720_23071825.jpg
いろいろな練り物があるなぁ~
んん??

a0243720_23074127.jpg
なんだこれ?「ジャンボうまかつ」
魚のすり身とイカのおいしさ
と書かれている、これってフィッシュカツと
いえるのだろうか?裏面を見てみると
神戸市のメーカーと判明。

ちょっと面白いから、これ買ってみよう(笑)


a0243720_23074423.jpg
おぉっ!!ここにもかまぼこコーナーがあるぞ!
津川蒲鉾???
下調べしたときには出てこなかった製造元だ。
さすがはキョーエイ、品揃えが違うな。

a0243720_23074759.jpg
だがしかし、フィッシュカツは見当たらず・・・

a0243720_23080691.jpg
と、思ったらこの「こだわりの渇」

渇→カツ→フィッシュカツ と判明(笑)
ひとくちサイズに小さくカットされて
揚げてあるのか、なるほどこれも面白い早速ゲットだ。

a0243720_23081203.jpg
おぉぉっ!!!徳島県の
カガヤソースじゃないか!!!
これ探してたんだよ~~~、
でも1リットルはでかすぎる。
店員さんに聞いてみたが、この半分のサイズが限界で
それ以上に小さいサイズはないとのこと。

うーーん、今の自分の装備では500mlですら
荷物になるから、最終日に買いにこよう。

a0243720_23081580.jpg
個人商店のスーパー的なお店にて・・・

a0243720_23081714.jpg
池添かまぼこの「厚カツ」
名前の通りめっちゃ分厚いぞこれ!!

これも面白いな、早速ゲットじゃ。


a0243720_23082949.jpg
夜7時過ぎ

そろそろメインのお夕飯を食べましょうか、
というわけでお好み焼き、たこ焼き、大判焼きの
「きりんどう」さんへ


a0243720_23370923.jpg
すぐ近くに高校があるためか、
学生さんが考案したと思われる
オリジナルメニューがユニークですね
そして何と言っても安い!!

というわけで、今回ここに来たのは
徳島県で昔から食べられている
「豆天玉」と呼ばれるお好み焼きをいただきます。



a0243720_23394446.jpg
お好み焼きの上に、金時豆と天ぷらが
ライドオンしているっ!!!こんなの見た事ない。

a0243720_23330312.jpg
手前は、カツ天焼き
カツとはつまり、フィッシュカツですね!

a0243720_23330800.jpg
おかみさんが調理場で焼き上げたものを、
テーブル席の鉄板に移してくれます。

a0243720_23331216.jpg
あとはお好みで・・

a0243720_23331483.jpg
a0243720_23331867.jpg
完成!!これで800円ちょっとという
信じられないコストパフォーマンス

a0243720_23351268.jpg
豆玉焼き+天ぷらトッピング

a0243720_23351602.jpg
カツ玉焼き

ぱっと見は見分けつきません

a0243720_23351933.jpg
豆天玉焼き、初体験

新感覚のおいしさ♪
大粒の金時豆が加熱されたことで
ホックホクの食感と際立つ甘さ!
ソースの甘辛さと生地のうまみにも調和しており、
相性ばっちりじゃないですか!!

カツ玉焼きのほうも、フィッシュカツが
暖められてカレー粉の風味がいきわたり、
スパイシーなお好み焼きに変化しています。

どちらも美味しい・・・ごちそうさまでした!!

a0243720_23355132.jpg
初日の宿泊先は「阿波観光ホテル」

なぜかシングルが予約取れていなくて
急きょ、ダブルベッドの少し広いお部屋に。

a0243720_23355486.jpg
さてと、この日にゲットしてきた
フィッシュカツたちを食べ比べしてみますかね~

a0243720_00093515.jpg
「西かまぼこ店」のフィッシュカツ

大きさ ○○○○  厚さ〇〇〇〇
カレー味 ○○○○ 

東京で頻繁に食べていた谷ちくわ商店が
自分の中では一番好みだったけれど、
その1段階上をいく味わい。
すり身自体の旨みがとても強い!!

これはぜひとも揚げたてを食べてみたいなぁ

a0243720_00093736.jpg
「杉山蒲鉾」のフィッシュカツ

大きさ〇〇〇〇 厚さ〇〇〇
カレー味〇〇

過去に食べた「津久司(つくし)」と近い
印象を受けるが、ちょっとカレー粉が渋めの
味わいに感じる。好みの問題かな?

これも暖めたら印象が変わるかもしれない。

a0243720_00094380.jpg
a0243720_00094530.jpg
a0243720_00094647.jpg
「池添かまぼこ」の厚カツ

大きさ〇〇〇 厚さ〇〇〇〇〇
カレー味〇〇〇

a0243720_23514127.jpg
本気で分厚い!!5mmちょっとある?
弾力も豊かで実に食べ応えあり!!
カレー風味としてはやや抑え目で
食べやすい印象。


a0243720_00095660.jpg
a0243720_00095825.jpg
a0243720_00100222.jpg
a0243720_00100334.jpg
「津川蒲鉾店」のこだわりの渇

大きさ〇 厚さ〇〇
カレー味〇

小ぶりでスナック感覚で食べやすいが、
1つ1つの衣がすり身の分量より多いせいか
やや油っこく感じる。



初日のフィッシュカツはここまで。
以下は番外なメニューです。

a0243720_00094061.jpg
「杉山かまぼこ」の竹ちくわ

竹の棒にすり身をそのまままとわせて
焼いてある焼きちくわ。これも徳島名物のひとつ。

a0243720_00094231.jpg
肉厚で味も濃い!!
ほんのり甘さも感じられて、これはうまいな。

a0243720_00094986.jpg
「カネテツフーズ」のジャンボうまかつ

a0243720_00095143.jpg
原材料に「かまぼこ」「魚肉」とざっくり
した説明ですね。
カレー粉や、一味とうがらしなどの
フィッシュカツ定番の調味料は入っていない
ので、たぶんスパイシーさは皆無と予想。

a0243720_00095409.jpg
フィッシュカツと似たような形状厚み

全体的に甘い味付けに感じられ、
マーガリンのような(入ってません)化学調味料
っぽい後味が舌に残ります。プリプリ感がない。

好みの問題もあるかと思いますが、自分は次は買わないです。
やはりフィッシュカツとは完全に別物。

なぜ売り場に置いてあったんだろ・・・

a0243720_00100524.jpg
これも徳島名物のひとつ「阿波ういろ」

a0243720_00100628.jpg
そぼくな甘さと小豆の香り。
お餅でも練り入っているかのような、
特有のもっちもち食感です。

パッと見は羊羹かと思いますが、裏切られます(笑)


a0243720_00285540.jpg
ちょっとのどが渇いたので
駅前のコンビニまで買出し。

というわけで、初日のフィッシュカツ食べ歩きを
終わります。

後編では2日目と3日目をまとめて
日記につづる予定でおります。

ごちそうさまでした~~!!!


トラックバックURL : https://mesousa2.exblog.jp/tb/239077003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mesousa2010 | 2019-01-25 00:30 | Trackback | Comments(0)