焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

小松屋 5回目『花ぱん/チョコ花ぱん全4種』

a0243720_19355460.jpg
◆店名:小松屋(小松屋本四)
◆住所:群馬県桐生市本町4-28
◆電話:0277-44-5477
◆FAX:0277-22-5543
 ◆営業時間:10:00~18:00
◆定休日:水曜 ◆最寄り駅:両毛線 桐生駅徒歩10分
◆駐車場あり ◆店内イートイン席あり
◆花ぱん¥700(1袋12個入)
◆チョコ花ぱん120円(冬季限定)
全4種(チョコ、ホワイト、いちご、抹茶)
※2015年3月時のデータです

追記:電話かFAXにて代引き発送も
可能になりました!!


桐生市といえば、ひもかわうどん、
ソースカツどんが筆頭にあがりますが、
わたしのイチオシは桐生花ぱんです!!

現在では桐生市、みどり市にある
約16店の菓子店で花ぱんを提供していますが
その元祖である、桐生市本町4丁目の
小松屋さん(通称:小松屋本四)に
約1年ぶりにおうかがいしました!




a0243720_19360595.jpg
関東三大梅林のひとつに
数えられる、埼玉県の越生梅林を堪能。
次に向かいますのは、群馬県桐生市です。

ここまで東京都足立区の自宅から
60kmを追い風にのって楽チンでした。
まだ南西からの風が強いので、
このまま追い風利用して群馬へ北上しちゃいましょ。


a0243720_19361241.jpg
道中、きになるバイキング
の看板を発見しちゃいました。
ぬう・・・この思い切り海が考えられない
山の方面で、海鮮丼バイキングとは
これはそそられるなぁ


a0243720_19364417.jpg
坂戸市を経由し、407号線へ。
ひらすら北上して東松山→熊谷→太田
→桐生とほぼ一本線でいける簡単ルート。
越生梅林から約70kmの道のりでしょうか。


a0243720_19523847.jpg
桐生市到着!まずはこちらへ。

◆施設名:桐生地域地場産業振興センター
◆電話:0277-46-1101
◆住所:群馬県桐生市織姫町2-5


a0243720_19531701.jpg
再登場!!
キノピーストラップ¥700


a0243720_19532371.jpg
2011年に販売されたものが
ながらく売り切れ状態でした。
およそ4年を経て再販売という嬉しい展開。


a0243720_19532933.jpg
今回は再販にあたって
キノピーぬいぐるみ¥3800も
追加され、これは少数生産だったそうです。

残念ながらわずか2~3日で完売したそうで、
関係するグッズ販売所でも全て同じく完売。
次回生産は未定だそうです。


a0243720_19534951.jpg
というわけで、桐生市内での撮影用
キノピーストラップをゲットしてこちらへ・・・


a0243720_19534369.jpg
小松屋さんにおうかがいします!





a0243720_19542541.jpg
店内のようす


a0243720_19543279.jpg
お店の看板商品である
花ぱんは袋販売や贈答用の箱入りまで
数種類選べるようですね。


a0243720_19544110.jpg
花ぱん¥700


a0243720_19544616.jpg
チョコ花ぱん¥120

お味は全4種類です。
チョコが溶けない季節のみ販売で
大体11月中旬~4月上旬頃でしょうか。
遠方からお出かけの方は、
事前に電話確認がおすすめです。


a0243720_19545207.jpg
約1年ぶりとなる、チョコ花ぱん!
店内でもいただくことが出来ます。
あたたかいお茶をいただきつつ、
じっくりと花ぱんを味わいましょう。


a0243720_19541161.jpg
と、その前に


a0243720_19540511.jpg
買ったばかりのキノピーストラップ開封
しときましょうかね。

左が2011年製、右が2015年製


a0243720_19541871.jpg
右の再販版はお肌が白く、
腕が明るいブルーになりました。
その他は造りはほとんど違いありません。
ストラップになっていますが、
ぬいぐるみストラップの類でしょうか。


a0243720_19545796.jpg
それでは、チョコ花ぱん開封!
それぞれの袋をあける度、各フレーバーが
ほわわ~ん!!テンションあがります

嗚呼・・・小松屋さんに帰ってきた
感じがするぜぇ!!(個人的に)


a0243720_19550555.jpg
チョコ花ぱん(チョコレート)

今回はわずかにビターなチョコをつかって
いるそうで、ちょっとオトナな味わい~!!
中の花ぱんが甘さ豊かですから、この組み合わせ
挽き立て合って美味しいですね。


a0243720_19551048.jpg
チョコ花ぱん(ホワイトチョコ)

とても濃い目でミルキーな味わい
のホワイトチョコがたっぷりコーティング!
まるでその味わいは新しい洋菓子?


a0243720_19551521.jpg
チョコ花ぱん(いちごチョコ)

チョコ花ぱんは見た目の可愛いらしさ
からしても、女性のお客様が中心なのかと
思っていましたが、意外にも男性のかたが
買っていかれるシーンも多く、

その中でもいちごチョコは一番人気だとか。
冬のいちごのシーズンに
まさにピッタリなチョコ花ぱんですね。



a0243720_19551972.jpg
チョコ花ぱん(抹茶チョコレート)

くちどけの良い抹茶チョコが
これでもかと分厚く包まれています。
お持ち帰りにして、牛乳のみながら
いただいても良い組み合わせかも。


a0243720_19552443.jpg
各商品とも、チョコレートの層が
実に分厚くて
1個の食べ応えがしっかりしてます。

しかし食べ終えるころには
あとを引いて 「もうひとつ・・・」
おそるべし小松屋の花ぱんマジック!!

というわけで、チョコ花ぱんは
全種一気買いがおすすめですよ!


a0243720_19553127.jpg
花ぱん¥700

チョコ花ぱんの美味しさの秘密。
ご店主がこだわる、チョコレートの素材や配合
の素晴らしさだけでは成り立ちません。

やはりベースである花ぱんが
美味しいからこそなのです。


a0243720_19553785.jpg
12個入りずっしり入ってますよ~

お茶、コーヒー、お紅茶
いろいろなお茶請けにもぴったりな
味わいのお菓子です。


a0243720_19562099.jpg

お花をモチーフとした
丸みを帯びた五角形。

主となる原料は小麦粉、たまご、お砂糖など
大変シンプルです。

ではではいただきま~~す!!


a0243720_19561680.jpg
美味っ!!

お砂糖と蜜のコーティングが
サクっとしていて、生地内部はみっちり
つまっているものの、やわらかく
くち溶けしていきます。

パンのようで、しっとりビスケットの
ような、なんとも表現できない
この独特な食感が桐生名物、花ぱん。

はじめて食べるのに、なぜか懐かしい
感じがしちゃう風味なのも、花ぱんの
特徴のひとつだと思います。


a0243720_19560279.jpg
桐生に遊びにきたら、
小松屋さんの花ぱんを
お土産に是非っっ!!!

トラックバックURL : https://mesousa2.exblog.jp/tb/21058181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mesousa2010 | 2015-03-29 14:08 | 桐生市/みどり市 | Trackback | Comments(0)