焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]

ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15195363.jpg
★ホテル一井・1F売店
◆住所:群馬県吾妻郡草津町411  ◆電話:0279-88-0011
◆営業時間:7時30分~21時30分  ◆定休日:なし  ◆駐車場:あり
◆ホテル一井ホームページ


焼きまんじゅうを求めて、東京から片道180km(前橋で一泊してますが)
 草津温泉の地へ行ってまいりました!!




ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15201389.jpg
さぁ!草津の温泉街を探索だっ!!!
といいつつ、最初に足をとめたのが「スーパーもくべえ」

なんで温泉来てまでスーパーなんだよ!(笑)


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15204033.jpg
いやほら、こういう手作り惣菜コーナーが気になるじゃないですか。
もしかしたら、焼きもちとか、焼きもちとか、焼きもちみたいな
郷土食がるかもしれませんし。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15204767.jpg
ハロウィンですし。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15205257.jpg
かぼちゃのクリームソースですし。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15205908.jpg
ソースかつ丼ですし。

特に「群馬だなぁ~!」ってお惣菜は見当たらずでした。
さて、ぶらぶらしましょう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15202435.jpg
おっ!!ラジオCMなんかでよく耳にする、本家ちちやさんですね。
温泉まんじゅうか~~、そういえば温泉まんじゅうって
今まで気にして食べて周ったこととかないですね。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15215143.jpg
むっ!!前方にテレビや雑誌でみたことがある風景が!!!
テンションあがります。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15224330.jpg
自転車かついで下るには、急な階段でした(汗)


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15222763.jpg
平日ですが、観光客の方々でいっぱい。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15223553.jpg
ホテルに向かうマイカーも頻繁に通ります。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15225010.jpg
おぉ・・・これだこれだ、よく見る光景だ。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15241067.jpg
ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15241584.jpg
ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15233559.jpg
初めて目の当たりにする、草津温泉の湯畑
群馬を旅すること100回近いですが、もっとも有名なこの地に
今回が初めてというのは、いささか遅かったでしょうか。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15234235.jpg
感動(硫黄の香りをクンクンしながら)


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15235502.jpg
自転車でここまで来るのも、そこまで辛いと思う区間はほぼなく、
風景の移り変わりや、空気の気持ちよさもあって、楽しんで
たどり着いたという実感です。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15242100.jpg
山はほとんど行かない(登れない)性質なので、この標高にびっくり。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15242919.jpg
足湯は大賑わい。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15243926.jpg
さ~て、ちょっとおなかもすいてきたな。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15245813.jpg
湯畑は夜のライトアップも綺麗だそうですね。
今度来るときは、宿を取ってゆっくりまわりたいなぁ。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15250632.jpg
よし、本来の目的である焼きまんじゅう探しにいこう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15251770.jpg
あげまんじゅうとか、温泉まんじゅうじゃないんです。
わたしが欲しいのは焼きまんじゅう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15252545.jpg
事前調べでは、ここ「おみやげの本多」さんにて、
焼きまんじゅうを食べることが出来たというデータがあります。
でも、外観から見た感じでは、売店では温泉たまごソフトクリーム
くらいしか見当たりません。直接店員さんに聞くしかないですね。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15260911.jpg
おぉぉっ!!!
入ってすぐの冷蔵コーナーにて、ほたかやさんの焼まんじゅう発見っ!!
ここでほたかやさんの商品に出会えるなんて、本当に嬉しいです。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15261554.jpg
店員さんにうかがいましたが、数年前に焼いて販売した
事はあったそうですが、今はお土産のみの取り扱いなんだとか。

なお、草津温泉観光協会、道の駅の従業員の方、
温泉街の土産物店などで事前に聞いて周っているのですが
やはり、常設店という形の焼きまんじゅう店は存在しない様子。

ですが、たまに沼田市の火群庵の焼きまんじゅうを販売する
移動販売車が行商に来るそうですね。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15262679.jpg
ところで、このお店・・・キャラクターグッズがすごい!!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15264444.jpg
ゆるキャラ関連、アニメ関連、とんでもない商品数。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15265210.jpg
ぐんまちゃんも当然、多数のラインナップ。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15270555.jpg
草津っぽい衣装。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15265807.jpg
温泉まんじゅうのコインケース。ちょっと欲しい。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15271334.jpg
うわ~~、これ欲しい!!!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15275369.jpg
さて、焼きまんじゅう探しは絶望的っぽいですが
もうちょっとぶらぶらしていきましょう。なんか美味しいものあるかも。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15281208.jpg
ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15281737.jpg
花豆しょうゆ餅、とうふアイス、ふむふむ。
ここに来る前に、道の駅草津運動茶屋公園で花豆ソフトを
食べましたけど、あれ美味しかったなぁ。
草津の特産物、花豆はここに限らずさまざまなお店で加工品
が販売されていました。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15282491.jpg
はちみつソフトクリームか。
ちょっと気になるけど、並んでるしあとにしよう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15283092.jpg
元気な声がけ販売で、試食のおまんじゅうを配るお店が。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15284723.jpg
温泉饅頭の専門・長寿店さん。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15285350.jpg
蒸かしたてのホッカホカの温泉饅頭の試食と、お茶のサービス!!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15290010.jpg
熱々の温泉まんじゅうって初めて食べましたっ!!
ふっくら熱々のつぶあんがウマイ~~。黒糖の生地も
温度が高いと風味が全然違うものですね。

ごちそうさまでした。

「自転車のお兄さん!小さい箱のもあるから、また帰りに寄ってね!!」
と熱いコールをいただきました。
大変美味しかったので、買って帰りたいのは山々なんですが、
わたしの自転車用リュックは、カメラ機材と着替えで容量MAXなんです(泣)
申し訳ない・・・


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15290921.jpg
ぶらぶらと自転車手押ししながら、温泉を練り歩くのもいいですね


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15291591.jpg
ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15292171.jpg
花豆、甘納豆


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15292795.jpg
片岡鶴太郎美術館  


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15293586.jpg
ここから先は自転車は持っていけないなぁ、引き返そう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15294404.jpg
自分がどこ歩いてるのか全然わからなくなってきました(笑)
ん~~甘味処か、そういえはお腹空いてるんだった。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15294930.jpg
もういちど湯畑付近まで行こう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15300050.jpg
というわけで、なんとなく気になった、ホテル一井・一階の土産物
の専門フロアへ立ち寄ってみることにしました。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15302180.jpg
入って速攻で、焼きまんじゅうキタコレ!!!!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15303919.jpg
え~~っと、でもこれ焼いてあるまんじゅう??
タレをつけてお召し上がりください。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15304521.jpg
あんこ入りもある。

どうやら常温でそのまま食べられる焼きまんじゅうみたいです。
面白そうだから、普通のタイプを1箱買ってみましょう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15305819.jpg
散策しているときも、花豆の商品はいっぱい見ましたが、
この商品だけは直感に何か訴えるものを感じました。

焼き菓子っぽいのですが、ビジュアルが桐生市のアレを彷彿
とさせて止まないのです。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15311338.jpg
花豆紅梅焼(はなまめこうばいやき?)

生地に花豆を練り込んで焼いた、和菓子のようですね。
よし、これも一ついただいていきましょう!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15312668.jpg
あっ!!ここにもご当地ショボーンが(´・ω・`)


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15313488.jpg
水沢うどんもあるのかっ!!
これいいなぁ、でも草津まで来て買うものじゃないか。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15314572.jpg
富岡製糸場の関連品もちゃんとあります。さすがだ。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15320226.jpg
というわけで、ゲットしてきました戦利品。
早速、湯畑のそばのベンチで食するといたしましょう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15321769.jpg
上州名物焼きまんじゅう 883円
製造元:株式会社 赤城銘販  住所:群馬県沼田市久屋原町212-5 

焼いてないけど、一応焼きまんじゅうなのか?どうなのか。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15322201.jpg
とりあえず、湯畑バックに記念に一枚。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15323137.jpg
パッケージ裏面を見ると、沼田市で製造されているようです。
まんじゅう生地に、山芋パウダーが使われています。珍しいかも。

焼きまんじゅうの生地材料の表記で見ることが多い、、
麹やベーキングパウダー等の表記はなし。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15323680.jpg
ではでは、ご対面といきましょう。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15324229.jpg
ふむふむ、あとがけの味噌ダレが2袋あり。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15325725.jpg
やや保湿されていて、ペトっとした生地表面。
焼き色のついてる部分は甘い味噌ダレが焦がした部分のように
塗られています。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15330362.jpg
ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15331035.jpg
焼き・・・・まんじゅう??
さて、おそるおそるいただきます。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15331644.jpg
もぐもぐ
そのまま食べてみましたが、だいぶパサパサしています。
やはり常温では無理があるのか、
電子レンジで少し温めれば、やわらかくなるかもですね。

味のほうは、時間が経ってかたくなったクリームパンの
クリームが入っていない外側の分厚いところみたいな?
(ナンダソリャ)


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15333386.jpg
ちょっと雰囲気を出そう。というわけで4個ならべるの図。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15332424.jpg
んでもって、味噌ダレです。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15333895.jpg
焼き・・・・まんじゅうですかね?


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15334313.jpg
味噌ダレはしっかり、本来の焼きまんじゅうに付属するようなものと
同等の味わいでした。

やっぱり水分全部もっていかれるパサパサっぷり。
そして、焼きまんじゅうを食べたとは言い難いインスピレーションです。

twitterで相互フォローいただいてる方からのコメントですが、

「焼きまんじゅう風まんじゅう」 という表現がピッタリ!


もしかすると、串にさして焼きながら、タレを着け焼き
したらかなり近くなるかもしれませんね。

次回、もし機会があればあんこ入りも試してみようと思います。

なお、これを「群馬名物・焼きまんじゅう」 と、思って購入
することはオススメしません。これは県民に愛される
本来の焼きまんじゅうとは異なるものだといえます。


なお、ここホテル一井さんでも
沼田市のほたかや焼きまんじゅうのお土産用の
販売が近日予定されていますので、焼きまんじゅうを
買って帰りたいというかたは、そちらをオススメします。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15335104.jpg
花豆紅梅焼き¥540(8枚入り)
製造元:株式会社 藤二誠  住所:群馬県渋川市石原1384-1

さぁ、なんとなくピン!!と来た、花豆使用のこの焼き菓子に期待!!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15335837.jpg
原材料名:小麦粉、上白糖、鶏卵、ミルク、花豆、重曹

桐生市の花ぱんを連想させる生地の硬さ、ズッシリ感。
生地表面の白いお砂糖のかかり。
材料を見ても、花ぱんとほとんど変わらない構成。


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15340829.jpg
袋から出してみると、花ぱん(直系3~4cm)よりも大きく、5cm少々。
厚みがあって、ハードなさわり心地はまさに焼き菓子っぽい。

ではでは、いただきます!!


ホテル一井・土産物コーナー[焼きまんじゅう風まんじゅう/花豆紅梅焼き]_a0243720_15341452.jpg
ウマァァァ~~ッッ!!!!

お砂糖の蜜コーティングが花パンとは全然違って薄いですが、
生地のそぼくなクチどけ、パサパサ具合、卵とお砂糖のシンプルな甘み。
まさに、桐生市の花ぱんと近しい味わい。

花豆の味がするのか?と聞かれると返答に困りますが、
小麦粉の香りも関係してか、花ぱんとは風味の点で
すこし違うかな?というぐらいの印象です。

いずれにせよ、炭水化物コナモノスキーには
たまらない焼き菓子であることは間違いありません。

さっきから、花ぱん花ぱんうるさくてスミマセンが、
桐生市の花ぱんが好きな方なら、絶対どんぴしゃです!

サイズも大きく、8枚入りとボリューム満点。
わたしは当然のように1袋食べきってしまいましたが、
普通の胃袋の方は2枚でも食べれば十分に膨れるはずです。
めっちゃ粉モンな焼き菓子ですからね。


ごちそうさまでした!!
いや~~、ステキな焼き菓子『花豆紅梅焼き』
草津ならではなのか?と聞かれると、名物の花豆が練り込まれてる
という点で、草津らしい関連商品といえましょうか。


だいぶ冗長な記事になりましたが、最後まで
ご覧くださった方に感謝感謝でございます!!

草津の旅の参考には全くならない内容で恐縮です。
温泉も入らずに、このままトンボ帰りで東京へ帰ります。


・・・と思っていましたが、どうしても一ヶ所、見ておきたい
観光スポットがあります。そこに立ち寄ってから、帰路につきましょう。

トラックバックURL : https://mesousa2.exblog.jp/tb/20367392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mesousa2010 | 2014-11-10 17:33 | 中之条/草津/吾妻方面 | Trackback | Comments(0)