焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

峠のうどん屋 藤屋

a0243720_07241195.jpg
★峠のうどん藤屋
◆住所:群馬県多野郡上野村大字楢原888  ◆電話:0274-59-2768
◆営業時間11時30分~14時まで ※限定40食 うどん終り次第終了
◆定休日:水曜日  ◆駐車場あり
◆うどん600円(かきあげ2枚つき)、ビール大瓶500円、清酒500円、お酒250円

上野村の名スポットとして知られ、峠道にある超大盛りな手打ちうどん
いただけるといううどん専門店『峠のうどん藤屋』さんにうかがいました。

わたしは5型ポータブルカーナビを自転車旅の際に携帯しておりまして、
すでに2011年頃には行きたいスポットとしてナビに登録済みでした。
その当時はマイカーで群馬に通い始めていた頃ですが、
東京から群馬の山奥へ片道でも150kmという事実に行く気になれず
あっというまに3年の月日が経っていました。

なんでマイカーで行くのが億劫なのに自転車で行くという今が、ノリノリなんだろう?(笑)






a0243720_07263502.jpg
道の駅 上野で名物十石みそソフトクリームと上野村の郷土食情報
をたっぷり収集し、さらに西へ10kmのうどん屋さんを目指します。


a0243720_07264922.jpg
目的地まで残り6kmほど。
JAマートさんにやってまいりました。
住所: 群馬県多野郡上野村乙父891


a0243720_07270788.jpg
いのぶた冷凍肉、加工食品、カレー、十石みそ、味噌加工品が充実。
ちょっとしたスーパーって感じですね~!!
おやき、焼きもちの類を探しにきたのですが店員さんいわく、
取り扱いがありませんとのこと。


a0243720_07271327.jpg
すぐ隣の建物、焼肉センターのメニューが記載されていました。
いの豚バーガー350円!!!気になるじゃないですか。
でも、土日限定だそうです(泣)  平日しか動けないので寂しい。


a0243720_07271926.jpg
さて、焼肉センターでいのぶた焼肉ランチとしゃれこみましょう!!


a0243720_07272550.jpg
デタコレ!! ※5月23日に訪れています


a0243720_07273149.jpg
ナニコレ!!?
事前に電話確認くらいしておくべきでした。またの機会にってことで。
でももうひとつ、この場所に来た目的があるんです。


a0243720_07274463.jpg
JAマートや焼肉センターのすぐ裏手にあります工場。
『上野村 森の菓子工房』さんです。
住所:
群馬県多野郡上野村乙父894

上野村で唯一、焼まんじゅうを製造しているところでして、
粉はもちろん上野村の地粉。みそダレの味噌は上野村の味噌を使用。
上里サービスエリアの売店でのみ販売しているという情報を
下調べしていました。そんなわけで、ベルを押して従業員さんに
お話をうかがおうとしたのですが、

なんと、もう1年近く製造をしていないとの事(泣)
また機会があれば、是非に製造出荷をしていただきたいと応援の声
だけ掛けさせてもらいまして、工場を後にしました。


a0243720_07281802.jpg
上野村ふれあい館を通過。
ここにも売店があるとチェックしていますので、帰りに立ち寄ってみようと思います!!


a0243720_07282832.jpg
その向かい、すいとんとおにぎりのお店??すいとんか、すいとんもいいな。


a0243720_07283790.jpg
直進すれば、長野県。右折すれば、群馬県南牧村へ。



a0243720_07284245.jpg
黄色い矢印に、峠のうどん屋の文字っ!!頑張れ残り3km

ここから勾配が少々きつくなり始めます(泣)
東京を出発して、ここまで147kmを走っていますがペースは
抑えながらの配分なので、まだまだ貯金十分。


a0243720_07285939.jpg
しばらくすると、南牧村や下仁田町へ通じるトンネルが見えてきます。


a0243720_07291863.jpg
右折すれば、残り600メートルでうどん屋さん。
ですが、その前にトンネルを覗いてみることにしますかね。


a0243720_07293082.jpg
確か、このトンネルは勾配もあるうえに直径3kmという
実に長いトンネルのはずです。それなのに、歩行者・自転車の通行
注意の看板があるってのも、なんとも妙です。


a0243720_07293633.jpg
湯の沢トンネルの前にやってきました。


a0243720_07294186.jpg
両サイドには一段高い場所があって、この道幅なら歩行者は
余裕でしょうかね。ロードバイクでもゆっくりならイケソウ?


a0243720_07294731.jpg
道路幅は十石街道の数々のトンネルに比べたらずっと広いです。
しかし、この路肩沿いを走るとしても、後ろから追い抜く自動車は
中央に追い越し禁止ポールがあるために、抜き辛いでしょう。

ここを3km北上してトンネルを抜ければ、南牧村や下仁田。
いつかは利用することになるでしょうね。怖いなぁ。


a0243720_07300047.jpg
さて、うどん屋さんを目指しましょう!!


a0243720_07311668.jpg


やってまいりました!!あれ??開店前なのに
すでに車やバイクが停まっています。営業時間アバウトなのかな。


a0243720_07304735.jpg
a0243720_07305316.jpg
味わいのある手づくり看板ですね。


a0243720_07305818.jpg
a0243720_07310585.jpg
おじゃましま~~す!!


a0243720_07312224.jpg
メニューはこれだけです。これだけで勝負しています。
なお、事前に電話予約をしておりました。

限定40食だそうなので、週末はすぐに売り切れるそうです。



a0243720_07312805.jpg
11時30分開店のはずですが、すでにソロで6人のお客さん。



a0243720_07334933.jpg
なんかマンガでも読みますかね・・・え??
1999年のマガジンじゃないですか!!(笑) なっつかしー


a0243720_07313666.jpg
テレビや雑誌の取材も多いとか。


a0243720_07321800.jpg
道中で追い抜いていったライダーさんを数名確認。
やはり、ライダーさんに人気のスポットなんですなぁ。


a0243720_07322331.jpg
うどん600円

いよっっ!!待ってました~~っ!!!
これぞ3年前から夢にまでみた(大げさ)うどんですよ。


a0243720_07322936.jpg
でっかいどんぶりに、おつゆの表面を突破するうどんと、
てんこもりの野菜のかき揚げがドドン!!!


a0243720_07323400.jpg
片手で持つのも辛いぐらいのボリュームっぷりです!!


a0243720_07324712.jpg
太めで、形がわずかにバラつきあるのが手打ちを物語りますね。


a0243720_07325320.jpg
ずっしりと手ごたえがあります。


a0243720_07325813.jpg
うんま~~!!!

硬すぎず、柔らかすぎず、絶妙な湯で加減でございます。
うどんの芯が残っており、わずかにボソボソっとする咀嚼感が
いかにも田舎うどんというか、なんとも懐かしい気持ちを覚えます。

長さ、太さには少々のバラつきがあるのですが、ここがミソで、
何回クチに運んでも、返ってくる弾力とボリューム感が変るのが面白いところ。
うどんがくっついてダマ(玉)になってる所なども隠れてるのが嬉しい。

カツオの出汁がとても豊かで、やや甘みのあるおつゆ。
ノド越しもよく、舌の奥に旨みが残る余韻が気持ちよいです。
これならすんなりと、おつゆの一滴残らずまで平らげたくなる味付けです。


a0243720_07324222.jpg
かき揚げがまた凄いっ!!こんなサイズが2枚ですよ奥さん。

たまねぎ、しいたけ、きくらげ、大葉ほか、野菜たっぷり!
2枚とも微妙に使っている野菜が違うので、2度楽しめるのもポイント。

そのままバリバリ食べるもよし、つゆに浸してシミシミにかじり付くもよし。


a0243720_07330445.jpg
箸休めの白菜の浅漬けがまたニクイっ!!
ちょっと塩分強いですけど、かき揚げで苦戦したらここで休憩が吉。


a0243720_07333831.jpg
あっちゅーまに攻略。
うどんの量目はあくまでわたしの体感ですが、300g(ゆで600g)ぐらいかな?
普通の胃袋の方ではまず残すと思います。
さらにデッカイかき揚げが2枚ですし、噂通りの大食い向けですね。


a0243720_07335656.jpg
お・・・おじいちゃん、大丈夫なんだろうか(汗)
ご年配のお客さんでも容赦なく一定の盛り付けが凄い!!
それにしても次から次へとお客さんが詰め掛けます!!さすが人気店。
調理担当の女将さん、配膳担当のご主人にお礼を告げて、お店を出ます。


a0243720_07340674.jpg
ごちそうさまでした!!ふ~~っ、食べた食べた。ん?


a0243720_07341193.jpg
え!?いやいやいや。まだ開店して30分なんですが、
お客さん10名+2~3人くらいだったはずですし、限定40食には
まだまだ余裕があると思うのですがね?

やはり、事前に電話予約しておいて正解でした。
おそらくですが、電話で話していたときも、女将さんの体調が
あまりよくないニュアンスが感じられました。

手打ちうどんで、しかもあの量ですから体力も使うことでしょう。
そりゃ40食もつくってはいられないですよね。

これからもずっと続けていただきたい、味量ともにすばらしきうどんでした。


a0243720_07303818.jpg
さて、念願の峠のうどんも堪能しましたし、ここから再び
来た道を引き返しながら、上野村、神流町のグルメスポットを
食べ歩きしてみようと思います!!


a0243720_07301365.jpg
山道のミラーに写る変質者(34歳)

真夏の格好で出てきましたが、12℃しかなかった早朝も、日中までには
25℃付近まで上昇しており、いい具合でございます。

さーて、甘いもの食べたくなりましたね!!甘いものいきましょう。
もちろん上野の味噌をつかったものじゃないとです!!


上野村ふれあい館[十石みそソフトクリーム飴/十石みそ饅頭]
に続きます

トラックバックURL : https://mesousa2.exblog.jp/tb/19851982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mesousa2010 | 2014-05-31 08:38 | 藤岡市/神流町/上野村 | Trackback | Comments(0)