焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

わびさびや [酒かすジェラート]

a0243720_08115971.jpg
★わびさびや
◆住所:群馬県桐生市新宿3-4-49  ◆電話:0120-17-0144
◆営業時間:10時~18時   ◆定休日:月曜、最終日曜日  ◆駐車場あり
◆自家製ジェラート300円前後より~、漬物、佃煮、手芸品コーナーなど
公式ホームページ[わびさびや]

小松屋さんからオススメいただいた、自家製のジェラートや漬物などが
そろうという、カフェも併設する『わびさびや』さんにお伺いしました。









a0243720_08121379.jpg
まだ新しい建物のようですね!とても綺麗。どうやら移転して間もないようです。


a0243720_08121952.jpg
この書体、そして浮かび上がるように配置された
店名が実にカッコイイです。右にはご主人の高野さんの
苗字からとったと思われる、判子のようなスタンプのようなマーク。


a0243720_08122203.jpg
このアイスクリームの看板だけが年季はいっているように
思えますね、移転前から使っているものでしょうか?


a0243720_08125702.jpg
ごはんのお供に最適な、漬物、佃煮などなど自家製品メニューが確認できます。


a0243720_08131496.jpg
カフェ側のメニューの一部も黒板に記載あり。


a0243720_08203466.jpg
シンプルで温かいデザインの店内は居心地バツグン。
カウンター席、テーブル席、ソファー席などがあります。


a0243720_08132297.jpg
早速カウンターにおじゃまします~。

目当ての酒かすジェラートはケースには見当たらず、ご主人に
おうかがいしたところ、カップアイスになっているそうです。
なお、日替わりでジェラートメニューは変わるそうです。


a0243720_08201947.jpg
群馬県藤岡市で、30年以上も無農薬で作物を育て続けるという
秋山農園さんから仕入れた、黒大豆のきなこを使ったジェラート。


a0243720_08202730.jpg
右側の大麦こがしも、秋山農園さんの素材をいかしたジェラートだそうです。

これらジェラートは、生乳やお砂糖の量など
それぞれのベースになるジェラートをメニュー毎に調整しながら
つくっているそうです。ジェラートを生成するマシンも1種類ごとに
清掃洗浄してから作り直すという手間をかけています。

黒大豆きなこ、大麦こがしとも味見をさせていただきましたが、
思わず顔がにやけてしまうほどの美味しさっ!!
特に、黒大豆きなこの濃厚っぷりったらないです!!
次回は、この2種をダブル、コーンでいただきたいなぁ。


a0243720_08204971.jpg
ではでは、酒かすジェラートのカップアイスをいただきましょう。


a0243720_08123471.jpg
あ、ちなみにテラスもあります。


a0243720_08205836.jpg
酒かすジェラート¥320

桐生市の一押し認定商品にもなっている、まさに名品。


a0243720_08211823.jpg
ふたを取ると、ほんの~~り酒かすの香り。
赤城山の大吟醸というお酒からとれる、今年3月に絞ったばかりの
酒かすを使用しているとのことです。


a0243720_08212671.jpg
うんまぁ~~~っ!!!

なんという優しい甘さと舌触り。酒かす特有のクセはほとんどなく、
それでいてどこか甘酒にも通じる風合いが残されています。
ベースはミルクジェラートなのでしょうが、酒かすの味わいの良い
部分だけを抽出しているという印象ですね。

なお、この絶品な酒かすジェラートは、桐生駅の観光案内所
桐生観光物産館わたらせでも購入できます。

関連記事:桐生観光物産館わたらせ[キノピーグッズ関連]


ごちそうさまでした~っ!!
酒かすジェラートも素晴らしいお味でしたが、
味見させていただいた黒大豆きなこ、大麦こがしジェラート
の二つの破壊力が絶大で、今も思い出すと唾液が
出てきてしまいそうになる衝撃でした(笑)



a0243720_08213454.jpg
次回、お店におうかがいする時まで残っているといいなぁ・・・


梅月4丁目支店[花ぱん] に続きます

by mesousa2010 | 2014-05-16 08:59 | 桐生市/みどり市