焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

赤城南面千本桜 さくら茶房きずな[焼まんじゅう269串目]

a0243720_19102776.jpg
★さくら茶房きずな
◆住所:群馬県前橋市苗ヶ島町2511−2
◆電話:
027-288-0256 ※赤城千本桜祭り専用ダイヤル
◆営業時間:9時~17時前後  ◆駐車場:千本桜祭り会場P利用
◆期間:毎年4月初旬~5月初旬頃まで 
◆焼まんじゅう200円、あん入り焼まんじゅう250円、
さくらソフトクリーム、甘酒、ソフトドリンク類などあり
◆イートイン可能、店外にテーブル席も多数


昨年の7月、前橋七夕祭りの際に焼きまんじゅう屋台の
聞き込みをしていた時にお会いした、前橋市の職員さんに
『千本桜の時だけに開く茶屋がある』
との情報をいただいておりました。
そこで焼まんじゅうを常設しているとのことで、
ずっと気になっていたのでした。

そして2014年春。赤城南面千本桜祭りがスタート!!
いまこそ、その茶屋を目指してひた走るとき!!!






会場一番北西に位置する駐車場のすぐ先
白いプレハブ小屋と、焼きまんじゅうののぼりが目印


a0243720_19251680.jpg
高崎市中居町をスタートして、ひたすら赤城山方面を目指します。
道中に通りかかったこちらは、焼きまんじゅう製造業者の
株式会社ミトモさんです。

焼まんじゅう関根さん、山口屋さんなど県内に
卸している業者さんです。昔、店内で焼いてると思って
勘違いして事務所に入ってしまったことがあります(笑)

こちらのおまんじゅう、量産タイプのなかでは
最もまんじゅう生地に甘みとほのかな麹の香りが
のこっていて、手作り感があると個人的には感じています。
タレもどろっとして粘度があり、濃い目で好みです。

お持ち帰りタイプなら、東京の浅草にある
グッドぐんまの旬の市というアンテナショップでも
常時取り扱いしていて、時々買って焼いて食べてます。

関連記事:焼まんじゅうin秋のバーベキュー[焼まんじゅう147串目]



a0243720_19252543.jpg
駒形駅付近。

ちなみに、午前5時出発で、藤岡市の「ららん藤岡」を
目指して出発した今回の旅路は、写真では伝わりませんが
強風に慣れした親しんでいる群馬県の方ですら、
「今日は異常だ」と旅先の店主がクチをそろえて
言うほどに春の強風吹き荒れています。

4月11日(金) 前橋市の最大風速10メートル/毎秒
多分、赤城山の山肌のほうはもっと強かったはず

もう自転車のスピードなんか全然出ません。
これは東京をスタートし、埼玉県熊谷市あたりからすでに
異常な北風で苦しみは始まっていました。

それでも軽めギアと一定回転のペダルを心がけて
低速ながら疲れないペースで無心にこぎつづけてきました。

いくら大好きな群馬といえ、毎秒10メートル付近はさすがに嫌気
がさすってものですが、今回の旅路から、新しい自転車用のタイヤを
新調しましたことで、走りが軽やかで気持ちよくなってるのが
効いてるのか、あまり道中が苦ではありません。


a0243720_21173815.jpg
コンチネンタル GRAND PRIX 4000sⅡ 
AMAZON注文で、1本5300円前後


a0243720_21174418.jpg
とにかくパンクしづらいと人気のドイツ製のタイヤ
に、待望のカラーリングバージョン登場ということで
年明けからすっごい欲しかったタイヤなんです。

ドヤ顔おばちゃんズもむしろかっこよく見える。


a0243720_21175732.jpg
パンクだけでなく耐久性にもすぐれていて
5000kmは走れちゃうとのこと。

わたしの今までのタイヤである
パナレーサーのクローザープラス(700X23C)が
過去4セットで2700~3000kmでタイヤ寿命
でしたから、これはありがたいです。

まぁ、値段が2200円で買えるパナレーサーも
コストパフォーマンスはいいんですけどね。


a0243720_21180918.jpg
とまぁ、焼きまんじゅうの話からそれて
自転車ネタになってしまって興味のないかたには
申し訳ないです。


a0243720_21184502.jpg
これで群馬通いが安心して楽しめそうです。
実際に乗り心地、タイヤの転がりの良さに感動しました!!
もう次からはGRANDPRIX4000Sしか履けない
カラダになっちゃいそうです。



a0243720_19253115.jpg
すみません、脱線しました。そんなわけで、強風つらいけど
自転車自体が楽しくなって漕ぎ続けること1時間。
大胡駅前。



a0243720_19253666.jpg
製造専門に変わってしまいましたが、
焼きまんじゅうガイドブック改定番に掲載のある
梅泉堂がここにあります。看板も昨年はずされてしまいました。

わたしが訪れた2年前は、
「もう今は焼いて販売していないんですよ」と、
そのときは酒まんじゅうだけ販売してもらいました。
ここの酒まんじゅうは、麹の香りが強くて生地の味も
濃かったですねぇ。

ちなみに、梅泉堂さんの焼まんじゅうは、
ひまわりさん、田舎茶屋ふるさとさん、他数軒
でいただくことができますよ~~。

だいたい、赤城山方面のお店に集中しています。


それにしても今回のルート。
何も考えていたわけではないのですが、
やたらと焼きまんじゅう取り扱い店の前を
通過することが多いんです(笑)

ここに来るまでにも、風の広場おおまえだ
の前を通過し、このあとすぐに風の駅やげんじ
粕川特産物直売所・・・・そして群馬フラワーパーク内の茶店など


a0243720_19255713.jpg
a0243720_19261022.jpg
a0243720_19260371.jpg
炭火焼きにこだわる並木茶屋さんの前も通過。


a0243720_20202400.jpg
ちなみに、並木茶屋さん2013年12月初旬の頃の写真。


a0243720_20203320.jpg
なぜにこれら写真を持ち出したかといいますと、
2012年5月に訪れた最初の1回目の記事から
1年7ヶ月ぶりにお店にうかがったというのに、
その時の事をブログアップしていたつもりが
思いっきり抜けていたのです。


a0243720_20203939.jpg
炭火焼きにこだわるご主人。
最近は自転車漫画の「弱虫ペダル」がおもしろくてハマって
しまったと、わたしが自転車で食べにきた事実も相まって
二人で自転車トークに熱が入りました。

ちなみにおまんじゅうの仕入れを聞けました。
前橋市の田中屋製菓さんからのようです。

伊勢崎市の忠治茶屋さん取り扱い店が多数の中、
手作り饅頭の田中屋製菓さんからの仕入れとは、
ご主人かなりの焼きまんじゅう愛好家でいらっしゃいますな。


話を戻します。



a0243720_20311808.jpg
高崎市から赤城山方面目指して、ここは28kmほどの地点。
標高360メートル付近でしょうか。

ここまでは比較的ゆるやかな傾斜でしたが、凶悪な
向かい風でかなり時間を要したのは坂苦手な
わたしのせいでもあります(笑)

美しい桜の木がずーーーっと続く並木道。
そろそろだっ!!


a0243720_20341055.jpg
西側の駐車場入り口ですでに渋滞。
平日で強風吹き荒れる中とはいえ、絶好のお天気と
気温の高さが集客にもつながっている様子。


a0243720_20341949.jpg
げぇっ!!500円もするんだ。
今日は(も)チャリンコで良かったわぁ~~。


a0243720_20343159.jpg
赤城南面千本桜と隣接する、みやぎ千本桜も
一緒に楽しめるのがこのお祭りみたいです。
すみません、祭りのちゃんとした概要を理解していません。

あくまでわたしが目指すのは、このお祭りでしか出会えない
焼きまんじゅう店なのです。

ほんと、あきれるほど花より団子野郎です。


a0243720_20342558.jpg
イヤッホウ!!!のぼりでテンションさらにアップ!!
桜祭りの会場入り口付近だというのに、やたらに
焼きまんじゅうののぼりが多いです。素晴らしい。



a0243720_20345719.jpg
東側はこんな感じのゲートになっています。
わたしは西側の駐車場の入り口から園内を周る予定。



a0243720_20423101.jpg


a0243720_20441108.jpg
a0243720_20441689.jpg
a0243720_20424112.jpg
a0243720_20430510.jpg
a0243720_20425800.jpg
a0243720_20424970.jpg
a0243720_20431108.jpg
a0243720_20433282.jpg
a0243720_20432174.jpg
a0243720_20434194.jpg
a0243720_20434910.jpg
a0243720_20435844.jpg
a0243720_20445275.jpg
終に遭遇っ!!!!



a0243720_20450118.jpg
さくら茶房きずな


a0243720_20450823.jpg
a0243720_20451544.jpg
おぉぉっ!!沼田市の焼まんじゅう店、火群庵(ほむらあん)
からの仕入れとは予想外でした。


a0243720_20452007.jpg
むむっ!!あん入りまであるとは。


a0243720_20452714.jpg
さくらソフトクリームも美味しそうですね。


a0243720_20454067.jpg
早速おまんじゅうを注文しました。
あん入りは残念ながら売り切れでした。

焼いてもらっているあいだに、責任者の方といろいろ
お話させていただきました。

2012年4月にスタートした、さくら茶房きずな。
従業員の皆さんはこの時期だけ集まってこの店を
運営しているとのことで、みなさん本業は別です。

あれこれ群馬県内の焼きまんじゅう店を食べ比べし、
一番好印象だった沼田市の火群庵さんに決定。

伊勢崎市の忠治茶屋さんもリストにあったとか。


a0243720_20454843.jpg
焼まんじゅう200円(税込み)


a0243720_20454463.jpg
ん??
火群庵の焼まんじゅうを食べなれたモニターの前のみなさん
ならもうお気づきでしょうか?タレが全然違います。
タレだけはオリジナルとのことです。


a0243720_20455466.jpg
とてもマイルドな甘さ、多分ハチミツが効いてると
思われる後味がほのかに残ります。
火群庵のタレはみたらし団子のタレのような
粘度が高くてとろ~~りとしたタイプですが、
こちらはサラッサラで、生地に染み込みやすいようです。

ザラメの粒状感も顕著に感じる下触りと味わい。


a0243720_20455958.jpg
記念に外で店舗をバックに撮影。
従業員さん、お客さんたちの
アイツなにしてんだ視線を華麗にスルー!!(ごめんなさい)


a0243720_20460413.jpg
a0243720_20453422.jpg
ごちそうさまでした!!

なお、千本桜祭りは2014年度は4月20日で終わります。
しかし、さくら茶房きずなさんは、毎年5月ゴールデンウイーク
の初旬くらいまでは営業しているとのことです。

多分、芝桜もあるのでそれ目当てのお客さん
が利用する茶店としても機能しているのでしょうかね。


さてと、ここに来るまでに気になった屋台が
いくつかありましたので、それを確認しに戻りましょうかね。


株式会社ミトモ屋台 & 焼まんじゅうおなや屋台
[焼まんじゅう266~267串目]に続きます


by mesousa2010 | 2014-04-18 21:04 | 前橋市