焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

小松屋 訪問3回目[チョコ花ぱん、ホワイトチョコ花ぱん、イチゴチョコ花ぱん]


a0243720_12204679.jpg
★小松屋
◆住所:群馬県桐生市本町4丁目82 
 ◆電話:0277-44-5477
◆FAX:0277-22-5543
◆営業時間:10時~18時 ◆定休日:水曜日
  ◆最寄り駅:両毛線 桐生駅 徒歩10分
◆花ぱん700円(12個入り)  
◆チョコ花ぱん各種108円 ※期間限定
チョコ花ぱん、NEWホワイトチョコ花ぱん、NEWイチゴチョコ花ぱん

※チョコ花ぱんは気温が高いとチョコレートの品質保持が難しいため、
温かい春~夏頃までは休止になる予定とのことです。
チョコ花ぱん目当ての方は、必ず事前に電話確認をお願いします。

※2014年4月1日より消費税の関係で価格が変更されました。
追記:電話かFAXにて代引き発送
も可能になりました!!

桐生発祥の郷土菓子こと『花ぱん』
その元祖である小松屋さんが冬季限定で販売する、チョコレート
をコーティングしたチョコ花ぱんに、新商品が登場したとのこと!!

赤城南面千本桜祭りの撮影を終え、すぐさま桐生市に向かいます。



関連記事:小松屋 [花ぱん/チョコ花ぱん]
関連記事:小松屋 訪問2回目[チョコマン]







a0243720_12421886.jpg

昨年の11月中旬におうかがいして、冬季限定の『チョコマン』
をいただいて以来のおうかがいとなります。


a0243720_12211942.jpg

a0243720_13143592.jpg

これが桐生名物の元祖『花ぱん』1袋12個いり700円

今まではお店で直接購入しか入手方法がなかった
小松屋さんの花ぱんですが、
今年の2月頃からは、伊勢崎市の温泉『前橋やすらぎの湯』
でも販売されるようになりました!!

★前橋やすらぎの湯  ◆住所:群馬県伊勢崎市下触町659-5
◆電話:0270-20-2617  ◆営業時間:午前10時~午後12時(土日祝9時開店)
◆駐車場あり  ◆店内カウンター前にて特設台で販売中


和菓子屋さんの多くが午後5~6時で閉めるのが普通ですから、
夜は花ぱんを購入するのは難しいです。
しかし、前橋の湯なら夜12時まで営業。
しかも小松屋さんの花ぱんが夜12時まで買えるという、
貴重な花ぱん購入スポットでもあるわけです。

大変利便性のよい国道50号線沿いでアクセスも良好。
温泉で疲れを癒したあとは、桐生名物の花ぱんを味わってみてはいかがでしょうか~?



a0243720_12211304.jpg

チョコ花ぱん 1個108円
2014年4月現在、チョコ、ホワイトチョコ、イチゴチョコの3種が販売中

今まではカカオのチョコレートのみでしたが、
イチゴチョコ、ホワイトチョコも仲間入りです!!


a0243720_12212897.jpg
早速お持ち帰りです。
包み紙のデザインがまた、温かみのある書体と色合い。


a0243720_12213297.jpg
a0243720_12215413.jpg

チョコ花ぱんがカラフルに勢ぞろいです!!!
写真右奥の抹茶チョコレートは試作段階のため、まだ
販売されていません。今回はレポート用に特別に同封していただきました。

チョコの色ごとに、ハート型のシールの色も違うのが
花ぱんそれぞれを引き立てますね~!


a0243720_12220048.jpg
早速、一斉にオープン!!4色も集まると彩り豊かですね。
一緒に写ってるのは桐生市マスコットの『キノピー』です。


a0243720_12221208.jpg
まずは新商品のイチゴチョコ花ぱん!!
もう包みのフィルムをはがす前から漂う、芳醇な苺の香り!!
分厚く包まれたチョコの層は、花ぱん本体のサクっとした外層の
食感も相まって、チョコビスケットにも近い雰囲気。

赤い小さな粒は、フリーズドライ苺が原料の物。
これがわずかな酸味を持っていて、咀嚼中に弾けることで
絶妙に甘酸っぱく、苺のリアルな風味を与えます。

とっても高級な苺チョコレートをいただいている、
そういう雰囲気がたっぷりと味わえる贅沢な花ぱんですね。


a0243720_12222952.jpg
お次は、ホワイトチョコ花ぱん!!


a0243720_12223756.jpg
こちらもたっぷりと分厚いホワイトチョコのコーティング!!
やや柔らかさのあるチョコレートの口どけで、
ホワイトチョコ特有のミルキーで濃厚な甘さが広がります。
花ぱん本体のザクっとした生地の軽快感もあり、
これまたあとを引くものがありますね。

ストレート紅茶が実に合いそう。


a0243720_12224160.jpg
チョコ花ぱんです。
高級チョコを使用しており、とても香りが豊かなのが特徴。


a0243720_12224899.jpg
チョコビスケット?いや違う・・・。なんとも表現が
難しい和洋の菓子という雰囲気です。
今回でこのチョコ花ぱんは2度目になりますが、前回よりも
気温がすこし高いためにチョコレートが柔らかく感じられます。
すぐに花ぱん本体と馴染むため、クチどけが向上しています。

それにしてもチョコの香りと甘みが上品なことこの上なし!!!
市販のチョコレート菓子では味わえない、このプレミアム感。

濃い目に淹れたコーヒー、緑茶などとの相性もマルと思われます。


a0243720_12221938.jpg
最後に、試作段階という抹茶チョコ花ぱんを。

チョコレートの具合がまだ完全にGOサインを出せる状態では
ないとのことで、鋭意調整中だそうです。

封をあけてすぐに感じる、抹茶のもつ、やすらぎの香り。
鮮やかな抹茶グリーンが、シリーズ中で最もを演出しています。


a0243720_12222354.jpg
実に濃厚な抹茶の香りです!!
甘さは控えめで、お抹茶の風味を前面に出しています。
ややチョコレートは他3色に比べてサラサラに感じました。

お抹茶特有の上品かつ、ほのかなほろ苦さが、
花ぱん本体の砂糖膜の甘さをとても引き出していて、
相性はバッチリです。これも是非に定番化していただきたい
チョコ花ぱんのひとつですね!!


ごちそうさまでした!!
彩りも鮮やかで、かつ味わいも実に上品かつそれぞれに
特徴をもったチョコ花ぱん達でした。

どれも花ぱん本体の食感と甘みを損なわせずに、
絶妙なあんばいでバランス取りされているのが素晴らしいです。

伝統の味と品質を守り続けるだけではなく、
新たな方向性、進化に挑み続ける老舗和菓子店『小松屋』さん。
今後も目が離せません!!




by mesousa2010 | 2014-04-16 14:00 | 桐生市/みどり市