焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

じんじゃコロッケ 伊勢崎市民病院前

a0243720_1913820.jpg
★じんじゃコロッケ
◆群馬県伊勢崎市連取本町14-6  ◆TEL:0270-23-3666
◆11時30分~17時頃(売り切れ次第終了)  ◆駐車場なし
◆定休日:月曜   ◆お持ち帰り専門
◆じんじゃコロッケ80円(ソース味、みそ味)、いも天80円、ごぼール(ソース味、みそ味)、
じんじゃコロッケはじめてセット(コロッケ5枚、ごぼール1本、いも天1本)
じんじゃコロッケオリジナルソースボトル1本350円


a0243720_19243574.jpg
2013年、1月11日の伊勢崎初市の夜に初めて食べた
神社コロッケ」と呼ばれる伊勢崎市特有の郷土食に出会って早5ヶ月。
今回はその神社コロッケの専門店であるお店におうかがいしました。



※病院のすぐ目の前です



a0243720_19132297.jpg
まだ開店間もないというのに並んでいますよ。

神社コロッケとは昭和25年、発案者である「内山福次郎」さんが、
戦後間もない時代に子供たちに食べさせようと、神社で販売していた屋台コロッケを、
子供たちが「神社コロッケ」と自然と呼ぶようになって根付いたそうな。
※チンチンと鈴を鳴らしてリヤカーを引いていたことから、
一部ではチンチンコロッケとも呼ばれるそうです。


通常のコロッケとは違い、おから、青のり、砂糖などを混ぜて
パン粉をまぶして揚げたのち、ソースをくぐらせて完成というもの。
モチモチした特有の食感と、小判のような薄平たい形状が特徴です。
※お店によって微妙にレシピがちがうとか



a0243720_19133759.jpg
メニューを確認。
じんじゃコロッケ80円。ソース味とみそ味が選べるようです。
いも天80円は、天ぷら粉でジャガイモをあげたもののよう?
ごぼール100円は、神社コロッケの素材にごぼうを混ぜたもの。
最後のごぼールは伊勢崎商業高校の学生さん達の発案だとか。
今まで知らなかったのですが、伊勢崎市はごぼうやナスの生産量が
全国でもトップクラスなのだそうですね。



a0243720_1913427.jpg
ソースも販売されていました。



a0243720_19134374.jpg
各種取材も頻繁に入っているそうですね。
早速、じんじゃコロッケ2個(ソース味とみそ味)、いも天、ごぼール(みそ味)を注文です。



a0243720_19144130.jpg
お店を後にした直後に気づきましたが、こんなお得セットも。



a0243720_19134822.jpg
お店の方に許可を得て、カウンターの端を撮影台に。



a0243720_19135285.jpg
いざっ!じんじゃコロッケOPEN!!
ん~~~ソースの食欲誘うイイ香りですなぁ。



a0243720_19135448.jpg
まずは、じんじゃコロッケ(ソース味)からいただきましょう。



a0243720_1914139.jpg
薄いと思ったら、意外と重量ズッシリです。



a0243720_1914770.jpg
断面はこんな感じです。
モチモチして弾力あります。普通のコロッケのとは別物の食べ物のよう。
このモチモチというかプリプリの食感は、おからによるものでしょうかね?
ソースの酸味と塩分も程よいです。
胸焼けしない、油っこくない余韻もまた特色ですね。



a0243720_1914546.jpg
お次!じんじゃコロッケ(みそ味)です。
粘度やや高めで、色はあまり濃くないみそダレが塗られています。
黒ごまもほんのり利いていて、咀嚼時に香ばしさを演出していました。
なんとな~くですが、大学イモのような・・・そんなネットリ感と甘さが
近しいような印象を覚えました。この甘さは、完全にオヤツの風格ですね!

ソース味、みそ味ともに甲乙つけがたいですな。
ごはんのおかずなら、ソース。単品でいくならみそ味とチョイスしますかね。



a0243720_19141943.jpg
さて、いも天80円いってみましょうか!
ひとくちサイズのじゃがいもを、そのまま天ぷらにした一品ですが、
想像通りの素朴な味わいです。ここでもソースがいい仕事しているなぁ。
これが一番お腹にたまる感じですね!もう4~5本いきたくなります(笑)



a0243720_19135765.jpg
さて、ラストはごぼール100円(みそ味)でしめますよー!



a0243720_204956.jpg
こりゃまた新鮮な歯ごたえですね!ごぼうのシャキシャキ感が、
モチモチしたじんじゃコロッケの生地内で小気味よい食感です。


ごちそうさまでした!!
揚げ物づくしでしたが、全然胃がもたれないのは嬉しいポイントですね。

このお店が面している県道2号線は、頻繁につかう道路なので
これからもちょくちょく買い食いしに立ち寄りそうです!


7月22日追記


b0182516_17412342.jpg
『赤堀歴史民俗資料館』

神社コロッケ発案者である、内山さんが2005年に廃業するまで
実際に使っていたリヤカーを見に行ってきました。



b0182516_17405847.jpg
資料館裏の倉庫に保管されていました。
資料館受付で申し出れば、いつでも見学させてくれるようです。



b0182516_17412015.jpg
実物はかなり大きくて重いんですね!
これをどれだけの距離運んでいたのかは分かりませんが、
かなりの労力を必要としたでしょう。



b0182516_174054100.jpg
廃業した当時の値段でしょうか?


忠治茶屋連取店 へ続きます
by mesousa2010 | 2013-06-13 20:10 | 伊勢崎市/玉村町