焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

THE・道の駅めぐり ~食べてチャリって消費せよ~ の巻き

a0243720_1051834.jpg
道の駅を自転車でぶらりと食べて周ってみようじゃないか!!という筋書きです。

というわけで、以前に電車&ジョギングで食べて周った埼玉県東部の道の駅を経て、
あらたに向かうは道の駅羽生(はにゅう)を目指していざ出発!!




a0243720_1052795.jpg
東京都足立区西新井を出発し、国道4号線を北上しつつ、

①道の駅庄和  ②道の駅ごか ③道の駅羽生

の順でサイクリングしながらご当地モノを食べて帰ってくるという算段。



a0243720_1053527.jpg
さて、もう何度も登場しております道の駅庄和に到着!
ちょうど開店して間もない頃で、野菜の朝市みたいのが開かれていました。



a0243720_1054318.jpg
とっても寒かったので、以前おとずれて気に入ったお店「麦ぼうず」さんで
あたたかいうどんを食べて温まっていきましょうか~~。
今回は2番人気の「辛味噌うどん¥650」を注文いたしました。



a0243720_1055985.jpg
マイルドな辛さのタンタン麺?のような肉味噌スープ。
胡麻の甘みでしょうか、実に薫り高いスープになっています。
辛いの苦手なひとでも問題なくいける味付けですね。



a0243720_106331.jpg
前回いただいた、すったてうどんとは違ったうどんの形状。
こちらは火が通りやすいようにか、やや薄広い麺形状になっています。
食べやすくてマル!ですね。

ふ~~っ、温まりました。
ここでデザートにと、塚屋製のみそまんじゅうを食べてから次の道の駅へと
考えていたのですが、まだお店からの商品補充が間に合っておらず売り場はからっぽ。



a0243720_10303488.jpg
以前、塚屋のみそまんじゅうを差し入れにくださった方から、看板商品のどら焼きをいただく機会があったので
ここでご紹介です。いつもありがとうございます!!
※別の日に自宅で撮影したものです



a0243720_10365051.jpg
みそまんじゅうは、こしあんタイプです。
もともと粒あんでも大変滑らかな舌触りが特徴的でしたが、こしあんは輪をかけてしっとりとした
のど越しですね。甘さは控えめながらもしっかりとした旨味で上品な味わい。



a0243720_10404077.jpg
栗どら焼きもいただきます!
みそまんじゅうに負けない、このしっとりした生地。
栗は甘く煮付けているようなタイプではなく、蒸かしたものをそのままつかっているのでしょう。
大粒でほくほくした歯ざわりが栗がガツンと主張している具合が素晴らしいです。

なるほど看板商品だけありますね、クオリティ高いですわ~~!!
ごちそうさまでした!!



a0243720_1061042.jpg
お次は茨城県は五霞市の道の駅ごかに到着!
前回はローズポークまんというご当地豚肉使用の中華まん
を2種類いただいて大満足でしたが、今回は甘いもので攻めてみたいと思います。



a0243720_1061682.jpg
まっくろな竹炭ジェラートというのが看板商品らしいですが、
秋限定の商品もいろいろあって迷っちゃうこと間違いなしな、豊富なラインナップ。



a0243720_1061928.jpg
さつま芋&コシヒカリのダブルをカップでいただきます。¥330



a0243720_1062048.jpg
写真右側がさつま芋、ものすごくネットリとした質感で、すくったスプーンから
なかなか離れないくらいの粘度。芋の質感が全面にでている舌触りで、
アイスというよりスイートポテトをいただいてるような感覚ですね、
素材をいかした甘さで、素材勝負しているのがうかがえます。

写真左は新米コシヒカリ、ほんのり粗引きといいますか、お米の粒もあちこちに入っています。
こちらはさつま芋のようにネットリとしたものではなく、一般的な粘度でしょうか。
白いからミルク系の甘さなのかと思いきや、なんというか・・・しろいごはんをしっかり咀嚼したときの
あのぶどう唐の甘みを感じた時に近い、ごはん特有の甘さを2~3倍強調したような味わい。
このピュアな美味しさはクセになりますね~~。コシヒカリ味、気に入りました!

ごちそうさまです。

さてとお次は道の駅羽生ですな。ちょうどこの季節は向かい風になる頃合みたいで、
北西部方面に向かうのは自転車だと特につらくなります。



a0243720_1063681.jpg
だいぶ時間はかかりましたが、道の駅羽生に到着!!埼玉県と群馬県の県境にある道の駅です。
今までも群馬遠征の際に車で何度か通過していたのですが、
ここに立ち寄るのは今回が初めてです。



a0243720_1084518.jpg
ふむ、まだまだ行ったことのない道の駅が埼玉県には数多いですね。



a0243720_1064264.jpg
なんだこりゃ?(笑)
自販機にご当地ゆるキャラ「いがまんちゃん」がお出迎え。
最初キノコの類なのかと思いましたが、いがまんて何でしょうかね??



a0243720_10101589.jpg
さっそく直売所に入ると、なるほど・・・と納得の売り場が。



a0243720_10102519.jpg
赤飯&まんじゅうという聞き慣れない組み合わせです。
せっかくのご当地グルメなので、ここでいただいていくとしましょう!



a0243720_107848.jpg
直売所内にイートインスペースはないのですが、道の駅のすぐ隣の別館に展望室があります。
ここに持ち込み可能だという案内をされたので、撮影がてらちょっとお借りします。



a0243720_1065352.jpg
羽生市名物、いがまんじゅうをいただきましょう!!



a0243720_107195.jpg
おぉぉっ!!一見するとお赤飯ですね。



a0243720_107370.jpg
食べてみると、ほんのり塩気がきいた赤飯に、
甘さやや強めの粒あんまんじゅうの組み合わせです。
最初は「ん?」となったのですが、しっかり噛んでいると次第に調和していきます。
飲み込む刹那は、ある意味でおはぎに近い感じでしょうかね。

もち米のエネルギーに、糖分しっかりの甘さの粒あんまんじゅう。
これは自転車漕ぐ人間にはこれ以上ないという栄養バランスですよ!
食べてすぐに脚にチカラがみなぎること間違いないです。



a0243720_1073089.jpg
ごちそうさまでした。



a0243720_108879.jpg
そういえば直売所には焼まんじゅうの持ち帰りパックも販売されていました。
こちらは羽前屋本舗製の焼まんじゅうセットですね。



a0243720_1083362.jpg
a0243720_1082344.jpg
道の駅羽生のすぐそばの橋を渡れば、目の前は群馬県なんですね。そりゃ焼まんじゅうも入ってくるわけですな。



a0243720_1074611.jpg
約2ヶ月ぶりに、群馬の山々を目の当たりにしました。
10月初頭の沼田市遠征以来、群馬県はごぶさたしております。(泣)
なかなかまとまった時間が取れないこと、予定外の出費が続きすぎてお財布が軽すぎる
ことが重なり、車であっちこっち食べて周るということが出来ない状況ゆえです。



a0243720_1082344.jpg
橋の中央あたりで群馬県に切り替わるという距離です。
よ~~し、群馬へこのままサイクリングしちゃおう!!って気分はヤマヤマですが、
帰りの時間も考えたら往復するのは困難です。ここは泣く泣く引き返すことに。

でもこうして、自分の足で自転車漕いで群馬県も目の前という距離まで来ることが
出来たのを実感して嬉しさもありました。
今年に入って自転車はあまり乗らずに、ジョギングばかりしていたのですが、
結果としてジョギングで得たスタミナのおかげで、ほとんど疲れもなくここまで来れたわけです。

またの機会を見て、次は自転車で群馬入りを目指すことを誓い、道の駅羽生をあとにします。



a0243720_109050.jpg
引き換えし地点から40kmほど走ったところ、栄養補給にとコンビニへ。



a0243720_1093814.jpg
見慣れないお菓子があったので思わず購入。
関西ではロングセラーで知らないひとはいないという定番お菓子
「満月ポン」というお煎餅だそうです。

ほんのり甘じょっぱい味付けでおいしいですね!
ごちそうさまでした。


自宅に着いた頃には日没調度という頃合、全長158kmという距離でしたが、
まだまだ走れる体力が残っていたのでそのまま着替えてジョギングに出かけました。
消費カロリーは一日を通して結構な数値に達しています。

う~~ん、日々のジョギングでついたスタミナ、恩恵デカイな~~とあらためて思うのでした。
トラックバックURL : https://mesousa2.exblog.jp/tb/16853765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mesousa2010 | 2012-11-24 11:13 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)