焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

ワクワクきのこ祭り「キノコ関連作品紹介編」

a0243720_20025808.jpg
◆イベント名:ワクワクきのこ祭り
◆開催日:2016年11月2日~7日
◆場所:岡山タカシマヤ8F
◆時間:10:00~19:00
◆イベント概要:
きのこ型の雑貨、小物、アクセサリーの販売、
マッシュルーム実演販売ほか
◆もっときのこを食べようプロジェクト
「なめじろう」出没 ※5~6日のみ
NTTドコモ「ドコモダケ」出演

キノコをモチーフとした、様々な
アクセサリー、小物、雑貨などが
多数集まった今イベント。

作家の皆さんに許可をいただき
撮影させていただいたものを
レポートいたします。




a0243720_20043391.jpg
a0243720_20051263.jpg
「ミツクラ農林」さんによる、
マッシュルームの即売会。
採れたての新鮮マッシュルームを
じっくり試食してから購入できます。

リンク:ミツクラ農林


a0243720_20062898.jpg
なめじろうもクギづけだった
マッシュルーム手摘み体験コーナー

a0243720_20052826.jpg
ホワイトマッシュルームです

a0243720_20053683.jpg
薄切りにカットされたものは
見たことがありますが、丸ごとは
初めて目にしました。なんだかかわいい!

a0243720_20054178.jpg
下段にはブラウンマッシュルーム

a0243720_20054317.jpg
色味も確かにブラウンがかって
ますが、形も違いますね。

a0243720_20062182.jpg
電熱のたこ焼きプレート
に丁度すっぽり!!

味つけされたオリーブオイル
で試食用が調理されています。


a0243720_20055105.jpg
ホワイトマッシュルームです
ホワイトはまろやかで上品なやわらかい味
ブラウンは香り、ホワイトよりも風味が強い
とのことです。


a0243720_20055538.jpg
プリップリの弾力と
雑味が一切なく、マッシュルーム特有
のクセもほとんど感じない旨さ!

スライスしか食べたことなかったけど
これは美味しいなぁ!

ということで、翌日2パックほど
お土産にさせていただきました。



a0243720_20035581.jpg
焼き菓子 つばめどう(仙台市)
関連リンク:焼き菓子つばめ堂通販サイト


ポップなカラーが可愛らしい
手焼きクッキーが目をひきます。


a0243720_20040387.jpg
全て天然素材で着色された
アイシングをのせているようです。

a0243720_20040684.jpg
ただ色が違うだけでなく、
それぞれ味が違うのも特徴。

a0243720_20041324.jpg
中でも一番美味しかった、
苺の粉末をたっぷり使った
赤いキノコクッキーが美味しい!!


a0243720_20063603.jpg
「とみなが まい(けせらんうさらん)」さん

きのこモチーフのイラストを得意とする
イラストレーターさんです。

一際目を引く大きなキノコ絵画や、
アクリルプレート型の小物、
トートバッグやマスキングテープ。

原画をそのまま額縁に入れた、
ミニ原画の展示即売などもあります。

リンク:Mai Tominaga illustration

a0243720_20074034.jpg
作品名:きのこみちのこ

壁に展示されていた、一番大きな作品。

巨木の足元に、多数群生する
色彩も形も豊かなきのこたち。
そしてその合間合間に描かれる、
特有のタッチで表現された
うさぎのような生き物。

作家のとみながさんにお聞きしたところ、
「usaran」うさらん
という名前のうさぎさんだそうです。

この作品を生み出したことがきっかけで
さまざまなイベント開催者から
お声がかかるようになったそうで、
特に思い入れの強い作品なんだそうです。

非常に書き込みの情報量が多く
いつまで眺めていても飽きません。


a0243720_20084947.jpg
クリアファイルが販売されていた
ので、早速購入させていただきました。

なめじろうくんにも作品PRを
お手伝いしてもらいました。


a0243720_20070322.jpg
a0243720_20071388.jpg
a0243720_20072185.jpg
a0243720_20072464.jpg
a0243720_20072722.jpg
a0243720_20073059.jpg
a0243720_20073466.jpg
a0243720_20073725.jpg
a0243720_20122520.jpg
週末の二日間は、とみながさん
が自身ブースの机で
作品を描いていらっしゃいました。

丁度、その作品が出来上がってホヤホヤ!

a0243720_20080208.jpg
usaranちゃん発見っ!!

もうこれは飛びつかないわけが
ありません。この、きのこに囲まれて
嬉しそうにしている表情が良い。

このクチの形状はみな共通で
描かれていて、このタッチもまた
わたしの好みドンピシャでした。

早速、お迎えしました~~
癒されるなぁ~


a0243720_20090413.jpg
スマートボール的なおもちゃ
も展示されていて、実際に遊ぶことが
できました。

a0243720_20121214.jpg
なめじろうも、思わず遊んじゃう!
(※すごいハイスコア出してました)

a0243720_20094218.jpg
「alkalin style」さん、「sora*iro」さんほか
大阪を中心に活動する作家さん合同のブース

アジア諸外国の
きのこに関するもので製作された
アクセサリーなど、一味違うラインナップ
で取り揃えられた、圧巻のアイテム数。

リンク:alkalin style ブログ
リンク:sora*iro ブログ



a0243720_20094969.jpg
sora*iro さんの展示コーナー
諸外国のキノコが描かれた
切手を加工した作品です。

a0243720_20095251.jpg
タマゴタケでしょうか?
左上にチラっと見える文字からすると
おそらく韓国の切手と思われます。

写真では伝わりづらいですが、
丸い球体のガラス面で覆われていて
特有の写りと、キラキラした仕上がりです。


a0243720_20100684.jpg
そのほかにも、
手縫いのポーチなど温かみのある
手作り作品がいっぱい

a0243720_20101005.jpg
a0243720_20101252.jpg
a0243720_20101616.jpg
イラスト、アクセサリー、写真、
ポストカードなど、本当に多数の
作品で華やかにディスプレイされています。

a0243720_20102429.jpg


a0243720_20102894.jpg
a0243720_20103541.jpg
a0243720_20103783.jpg
a0243720_20104088.jpg
a0243720_20104398.jpg
a0243720_20105139.jpg
a0243720_20105320.jpg
きのこを保存液に漬けた
小瓶が、なんとも男心をくすぐります!

店内の照明に透かしながら、
眺めていると時間を忘れますね。


a0243720_20110256.jpg
「いつみ」さん

きのこをモチーフとしたブローチや
イヤリングなど小物からアクセサリーまで
全て手作業で製作する作家さんです。

リンク:公式ブログ「いつみ村」


a0243720_20112038.jpg
a0243720_20111403.jpg
このイベントのポスターにも
大きく載っていて、印象的だった
横顔きのこちゃんブローチ。

a0243720_20111851.jpg
a0243720_20112351.jpg
赤を貴重とした作品が多く、
会場内でも一番目立っています。

a0243720_20112765.jpg
樹脂素材を用いて、ひとつひとつ
手作りで成型し、着色されたハンドメイド。


a0243720_20113017.jpg
a0243720_20113300.jpg
ディスプレイのしかたが
実に可愛らしく、お見事。

a0243720_20113635.jpg
a0243720_20113958.jpg
a0243720_20114252.jpg
時折、不思議の国のアリス
がモチーフとなった作品も垣間見えます。


a0243720_20114461.jpg
a0243720_20114684.jpg
a0243720_20114906.jpg
ちょっと男が着けるには無理が
あるけれど、この作品かわいいなぁ

a0243720_20110917.jpg
中でも特に目をひいた、
タマゴタケの飾りを購入
させていただきました。


a0243720_20115595.jpg
ちなみに、なめじろうグッズも
販売されていました。


今回ご紹介させていただいた
作家の皆さんとも名刺交換
させていただき、いろいろとお話
する機会をいただきましたが、皆さん
共通しているのが

「次回もぜひ開催してほしい」
とのご意見が聞かれました。

お堅いイメージの百貨店である
高島屋ですが、これだけ親しみやすい
雰囲気づくりと作風さまざまな作家さんの
作品が一堂に集まった、ワクワクきのこ祭りは
作家の皆さんの作品発表の場としても
大変魅力的だったのだと思います。

第2回、第3回と、岡山タカシマヤの
名物イベントとなると嬉しいですね!


岡山タカシマヤさま、
お会いした作家の皆さま
二日間、大変お世話になりました。
ありがとうございました。


by mesousa2010 | 2016-11-12 21:27