焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

沼田市オータムフェスタvol.5~焼きまんじゅうサミット~

a0243720_21531558.jpg
◆イベント名:沼田市オータムフェスタVOL.5
焼まんじゅうサミット
◆開催日:2016年10月8日・9日
◆場所:沼田公園野球場
◆時間:午前10時~午後4時頃まで
◆最寄り駅:JR沼田駅 徒歩15分

◆焼きまんじゅうサミット出店業者
ほたかや(沼田市)
東見屋まんじゅう店(沼田市)※1
大丸屋製菓(沼田市)
NEW→河内屋菓子店(沼田市)
美濃屋(みどり市)
若茶屋(高崎市)
NEW→株式会社ミトモ(高崎市)
助平屋饅頭総本舗(太田市)

順不同

※1:諸事情により、東見屋まんじゅう店
さんは出店できませんでした。

秋に行われる産業際こと「オータムフェスタ」
今年もめでたく、焼きまんじゅうサミット
が開催されましたっ!!





a0243720_22405180.jpg
開会式が始まりました。


a0243720_22405728.jpg
テープカットの様子


a0243720_22410578.jpg
沼田市マスコット「ぬまたんち」
3人組のうちの、ぬっくんです。


a0243720_22400975.jpg
焼きまんじゅうサミット会場です。
写真右手に見えるテント内にて、
焼きまんじゅう手焼き体験と、
恒例の巨大焼きまんじゅうが焼かれる
場所となっています。


a0243720_22403640.jpg
全7軒がサミットを彩ります。



a0243720_22412514.jpg
ほたかや(沼田市)

焼きまんじゅう製造・販売のほたかやさん。
沼田市内のみならず、東京、神奈川、千葉、埼玉、
栃木、など関東エリアを中心に
百貨店や地区の催事など多方面から
お呼びがかかる、人気焼きまんじゅう店です。

固定の店舗はもたず、製造元として
各地へ卸し先をもっています。


a0243720_23502035.jpg
東京は銀座の群馬県アンテナショップ
ぐんまちゃん家でも常時お持ち帰り調理用
焼きまんじゅうセットが販売されており、
毎月恒例の実演販売も開催されています。

また、販売先の範囲は大変広く、
群馬県内であれば「ファームドゥ食の駅」や
こんにゃくパーク(甘楽町)
東京都内だと、「地産マルシェ」※一部店舗
さまざまなスポットで、土産用が購入できます。


a0243720_22421829.jpg
早速、焼きたてを調理してもらっています。
みそダレの焦げる香りがたまりませんっ!!


a0243720_22413027.jpg
この絶妙なおこげが表面に施された
焼き加減っ!!熟練した手さばきの
ほたかや社長さんの仕事が光ります。


a0243720_22413450.jpg
丁寧に何度も繰り返して塗られた
みそダレがしみこんでいます。
ふかふかで柔らかい饅頭生地!!
甘さを抑え、味噌の風味が主張される
甘じょっぱさのバランスが、
キレのある後味を演出しています。

2~3本と次々に行きたくなっちゃう
ヤミツキ感、これぞ、ほたかやの味わい。

ほたかやさんの販売告知などは
以下のリンクを参照ください。

ほたかや公式Facebook

通販サイトCASAぐんまでも
お取り寄せが出来ますので、こちらもぜひ!
↓↓↓

a0243720_22455187.jpg
美濃屋(みどり市)

みどり市の大間々駅からほど近いところにお店を構える
老舗焼きまんじゅう専門店です。

毎年桐生市で開催される大型グルメイベント
「北関東三県ウマいもん合戦in桐生」
では総合優勝を獲得したこともある
人気のお店なんです。

a0243720_22455664.jpg
昔ながらの製法で、酒麹発酵による
饅頭生地はもっちりふかふか!


a0243720_22521890.jpg
今年初出店となる、河内屋菓子店さん。
地元である沼田市で焼きまんじゅう他
かりんとう饅頭、団子など幅広い和菓子を
製造しているお店です。

群馬県内のスーパー「フレッセイ」などに
よく商品が置かれているのを見ます。


a0243720_22523641.jpg
こちらは注文を受けてから
ひとつひとつ丁寧に焼いてくださいました。
写真左が普通の焼きまんじゅう。
写真右が、あんこ入りです。

a0243720_22523275.jpg
ちなみに、便宜上焼きまんじゅうと
この記事内では説明していますが、
沼田市では焼きまんじゅうの
元の呼び名である「味噌まんじゅう」または
「味噌づけまんじゅう」と
多くのお店でメニューに表記され、
沼田市民の多くのかたが呼称します。

a0243720_22524504.jpg
こちらもこだわりの自家製生地!!


a0243720_22524982.jpg
a0243720_22525719.jpg
めっちゃくちゃ柔らかいっ!!
同行していただいている群馬出身のお友達も、
思わず笑みが見えました。

この生地の鮮度、こがし気味ならではの
おこげのビターな味わい!!
たまらんものがあります。

a0243720_22530102.jpg
あんこ入り味噌まんじゅうは、
生地から溢れ出さんばかりのたっぷり!!
甘さを控えたあんこと、
ちょっと塩気の効いた味噌ダレの
マッチングやGOOD!!



a0243720_22491465.jpg
若茶屋(高崎市)

高崎市より、焼きまんじゅう専門店
若茶屋さんの出店です。


a0243720_22491944.jpg
若茶屋さんといえば、
ひとくちで食べられるコンパクトサイズの
コロ焼きまんじゅうが人気ですね。

※通常サイズの焼きまんじゅうも
お店で提供されています

a0243720_22493244.jpg
一見同じように見える2本ですが
実はみそダレが違います。

a0243720_22493689.jpg
こちらは定番のみそダレ

a0243720_22494018.jpg
自家製の饅頭生地は小ぶりながら
もしっかりと生地密度が詰まっており
生地自体に麹で発酵させているゆえの
ほんのりした甘みが感じられます。

焼きまんじゅうの特徴である
みそダレでクチのまわりをベタベタ
にする心配がない、この食べやすいサイズ感。

それでいて、通常サイズの焼きまんじゅうと
遜色がない食べ応えがあるのが素晴らしい。

常に新しい発想と美味しいものを
提供したいと開発に情熱を注ぐ
若茶屋社長さんの熱意があらわれています。

a0243720_22494571.jpg
こちらは、黒ごま入りみそダレ

a0243720_22494905.jpg
黒い粒粒は、黒ゴマによるもの。
これまた濃厚な味わい深さが感じられ、
通常のみそダレにはないコク!!

若茶屋さんでは近年、あんみつなど
の甘味にもチカラを入れています。


こちら支店では
焼きまんじゅうはもちろん、あんみつなどの
他に500キロカロリー未満の
健康志向の特製ランチなどがいただける
和の情緒あふれる隠れ家喫茶。


a0243720_22501514.jpg
株式会社ミトモ(高崎市)

焼きまんじゅう製造・販売のミトモさん。
こちらも固定の店舗はもたず、
県内各地の焼きまんじゅう販売店を
卸し先にもつお店です。

また、前橋市、高崎市のイベントに
出店することも多く
焼きまんじゅうだけでなく、
鶏のから揚げ、焼きそば、中華ちまき、
フライドポテトなどなどお祭り縁日に
欠かせないホットスナック販売も手がけます。


a0243720_22503498.jpg
a0243720_22505261.jpg
a0243720_22512501.jpg
焼きまんじゅう

a0243720_22512814.jpg
あんこ入り焼きまんじゅう

a0243720_22513274.jpg
オーソドックスながら飽きの
こないみそダレの甘じょっぱさ。
あんこ入りも丁寧に作られていて
美味しいです。

a0243720_22533669.jpg
大丸屋(沼田市)

創業明治25年の老舗和菓子店。
太助饅頭、俵最中をはじめとした
商品から、沼田インターチェンジそばの
本店と支店の一部でのみ店頭販売される
焼きまんじゅう(味噌まんじゅう)


a0243720_22535651.jpg
みそダレに黒ゴマが最初から
入っているのが特徴的です。


a0243720_22540348.jpg
a0243720_22541604.jpg
黒ゴマの風味は風味づけにとどまっていて
控えめな塩梅です。もっちりふわふわな生地で
大変食べやすい焼きまんじゅうですね。

a0243720_22542733.jpg

助平屋(太田市)

太田市で100年近く続く
群馬東エリアの老舗焼きまんじゅう専門店。

太田市木崎町に本店を構え、
このお店の独特な饅頭生地とタレに惚れ込んだ
経営者は多く、
前橋市、高崎市、伊勢崎市、太田市、邑楽町
栃木県足利市などなど
各地に関係店が広がっています。

a0243720_22544222.jpg
以前まで4個1串でしたが、
3個に変わったようです。ただし
1個あたりの大きさは明らかにサイズアップ
しているようで、総量的には変わらない
印象を受けます。

a0243720_22545100.jpg
a0243720_22545957.jpg
a0243720_22551643.jpg
黒糖の風味が豊かで、甘さの強度も強く
実にガツンと来る甘さになっています。
味噌の塩分などはほとんど感じません。
饅頭生地も他社とはだいぶ違い、
生地密度がとても詰まっていて、
かぶりつくとパンパンに膨らんだ
饅頭生地全体が押し返してくるような
弾力の豊かさです。

1個あたりが大変食べ応えがあり
粘度が高く、まるでキャラメルのように
からみつくタレがインパクト大!!



a0243720_22553902.jpg
本日の全7店舗すべてのお店を
食べてまわりました~っ!!

画像は、この日会場を練り歩いて
いらっしゃった真田家を模した鎧かぶと
に身を包んだ男性です。

決まってますっ!!!


a0243720_22560037.jpg
午前11時 なにやらサミット特設テント
が騒がしなってきました。

a0243720_23052698.jpg
手焼き焼きまんじゅう体験
が始まっていました。


a0243720_23053190.jpg
お店で1本100円で販売
されている、焼く前の状態の饅頭を
購入して、お好みのお店のタレをつけて
食べることが出来ます。

a0243720_23053433.jpg
皆さん思い思いの焼きかたで
この体験ゾーンを楽しんでいらっしゃいました。

a0243720_22562205.jpg
私も火が落ちそうな最終間際、
焼かせてもらうことにしました。


a0243720_22562772.jpg
a0243720_22563150.jpg
時間が押していたので、
かるく炙るくらいで、タレも
さっと済ませておきました。

a0243720_23060909.jpg
そして、焼きまんじゅうサミット
午後からの目玉イベント!!
「巨大焼きまんじゅう切り分け」

こ・・・これは真田家の家紋「六文銭」!?


巨大六文銭焼きまんじゅう編
  に続きます

by mesousa2010 | 2016-10-31 23:26 | 沼田/利根郡