焼まんじゅうを食らう! 群馬名物 焼きまんじゅうの美味しさ、素晴らしさを広く知っていただきたく、群馬県内外のお店200軒以上を掲載させていただいております。また、新オープンの焼きまんじゅう店の情報なども随時募集しております。お気軽にご連絡ください。hamukatu8@hotmail.com  twitterアカウント maruji1979

焼きまんじゅう南牧[焼まんじゅう336串目]

a0243720_04381705.jpg
◆店名:焼きまんじゅう南牧
◆住所:群馬県甘楽郡南牧村羽沢93付近
(南牧村民俗資料館となり)
◆電話:0274-87-3151
◆営業時間10:00~17:00
◆定休日:火曜、水曜 ※祝日の際は営業
◆駐車場:未確認  ◆最寄り駅:なし
◆店内イートイン席2席
◆焼きまんじゅう160円

群馬県の西の果て、
南牧村に2015年6月に
オープンしたという
焼きまんじゅう専門店に
うかがってきました!!

今回、このお店の存在を知ったのは
群馬県の珍しいスポット、秘境など
を特集したサイト
『群馬B級スポット』さんの記事を
たよりにお店に向かいました。





a0243720_04384581.jpg
南牧村役場を通過しさらに車で10分ほど
5km少々進んだ先、
南牧村民俗資料館の建物が
目印になると思います。
カーナビはここにセットするが
よろしいかと思います。



結構な山奥って感じです。
あたりは軽自動車2台でギリギリという
道路もあり、運転は注意が必要です。

お店のある場所は、
やや傾斜のきつい坂道になってます。


a0243720_04391272.jpg
見えてきました!


a0243720_04391827.jpg
野菜の農家直売コーナーかな?


a0243720_04394031.jpg
民家をそのまま改良
したお店でしょうか。
茶色い焼きまんじゅうの
のぼりが確認できますね!


a0243720_04395160.jpg
営業日は木曜~月曜まで。
定休日は火曜と水曜だそうです。
祝日の際は休日返上とのこと。


a0243720_04395876.jpg
おじゃまします!!
お勝手口から入ったような
なんとも言えないこの空間!!
焼きあがりを待つための
待機する座席が2つだけあります。
ここで座って飲食も可能です。


a0243720_04400302.jpg
特設のレジカウンター

広さでいったら
畳2帖もないくらいかも。
基本的にはお持ち帰り注文
で買っていくこと前提でしょうね。


a0243720_04400822.jpg
焼きまんじゅうは1本160円
1本からでも焼いてくださいます。

ご主人は飲食店経営、調理師の
ご経験もあるその道のプロフェッショナル。

このような山の奥地に
焼きまんじゅう専門店を開業するのだから
てっきり群馬生まれのかたと思ったら
まさかの県外ご出身!!

焼きまんじゅうに惚れ込み、
いくつものお店を食べ歩いたそうです。

最初は簡単に作れるものだろうと
始めてみたら、実はかなり難しいものだと
わかり、それが逆に楽しくなって
まんじゅうづくりに没頭する日々。


a0243720_04401632.jpg
毎日毎日、ひとつひとつ
生地の仕込み、みそダレにいたるまで
全てご主人おひとりの手作り。

昔ながらの焼きまんじゅうを
目指した生地づくりだというご主人。

発酵はほぼ麹に任せるため
非常に膨張コントロールが難しいそうです。
ふぞろいな形こそが手作りの証し。


a0243720_04402036.jpg
焼きまんじゅう160円


狭い空間なので、香ばしい
みそダレのかおりが
余計に近く感じられます。
焼きあがるまで待ち遠しくて
仕方ありませんでした(笑)


a0243720_04402449.jpg
ぷっくりと膨らんだいい形!!
色違いな焼き加減のちがいもまた
食べ比べできる楽しみ。


a0243720_04403219.jpg
エクセレント!!

プックリ&もっちりした生地と
かぶりついた瞬間に鼻腔を抜ける
酒麹の酸味ある香りがたまりません。

粘度はサラサラのタレは
丁寧に重ね塗りされています。

このみそダレは甘さを控えていて、
甘味というよりも、食事寄り。
赤みその素朴な塩分と旨みが
主張する味のバランスです。


a0243720_04403672.jpg
汗をかく体力仕事の合間に食べたら
実にリキが出そうな、この味わい。

焼きまんじゅうが本来担っている
こじょはん(小昼食)というべき
仕上がりを見せる焼きまんじゅうです。

群馬B級スポットの管理人さん
がコメントした
「毎日食べても飽きない味」
とはまさにドンピシャな表現です。


a0243720_04404783.jpg
なお、お店にお伺いした
2015年7月半ば時点では
南牧村の道の駅こと
『オアシス南牧』でも
数量限定で調理棲みの
焼きまんじゅうをパック販売
でおろしているとのことでした。

よそのエリアからも、商品取り扱いを
したいという業者さんから声が
かかっているそうですが、
全てひとりで生産するため
大量にはつくれないし、
クオリティは絶対に落としたくない
と語るご主人。

まさに焼きまんじゅう職人!!


a0243720_05332989.jpg
ごちそうさまでした!!

このような山の奥地にて、
手作りにこだわる
焼きまんじゅう専門店の味を
堪能できるとは思いませんでした。

今回は訳あって車での移動ですが、
次回はぜひロードバイクで
お店にうかがいたいものです。

さて、これより南牧村から
トンネルを抜けて上野村へ向かいます。


by mesousa2010 | 2015-08-07 05:37 | 富岡市/安中市/下仁田/南牧村/甘楽